大仁田厚

写真拡大

 邪道・大仁田厚(61)が11日、都内で、1月8日付で特許庁に電流爆破マッチの商標登録を出願したことを明かし、日本マット界での「乱発」に改めてクギを刺した。

 大仁田は電流爆破について出願中の書類を公表し「海外では(自身が)レジェンドとして認知されているし、大事なコンテンツ。米国、豪州、英国からもオファーが来ている。女子を含めて電流爆破が無許可で乱発されている現状をどうにかしたい。“プロレス界における筋”さえ通してくれれば僕はいいんです」と説明した。

 登録が正式に認められるまで法的措置に出ることはないものの、発案者としての立場がないがしろにされている現状を嘆いて他団体に“警告”を発した。

 また21日に入院し、翌22日に両ヒザの人工関節手術を受けることも告白。師匠である故ジャイアント馬場さん(享年61)の「没20年追善興行」(19日、両国国技館)のわずか2日後に入院。昨年10月の引退試合から考えていた手術がようやく実現することになる

 同大会ではケンドー・カシン、鈴木秀樹、保坂秀樹と組んでグレート小鹿、石川修司、長井満也、佐藤光留組という、敵も味方もかなり厄介なタッグデスマッチ出陣が決まっている。本来なら欠場しても不思議ではないが「馬場さんの興行だけは死んでも出なければならない。両国で命を落としても構わん」と悲壮な決意を明かした。