ダテキヨ氏が売るのは、朝は果物、夜は野菜、昼は好きなものを食べていいというダイエット法。単価500円も手を出しやすい秘訣

写真拡大

 来る消費増税を目前にして、安月給だけに身を預けるのはもはや自殺行為。副業が当たり前となった昨今、’19年の儲け方にも新潮流が見られるという。平成ラストイヤーに、今もっとも注目すべき副業種を紹介しよう。

◆ココナラ販売:自己流ダイエット商材を個人販売して利益80万円超

「本業の隙間時間でやっています。簡単に稼ぐことができるのでオススメですよ」

 そう語るのはサラリーマンのダテキヨ氏。この1年で80万円ほどの副収入を得た方法を明かした。

「“ココナラ”という個人のスキルや知識を商材として売買できるサービスで、ダイエットの自己流メソッドを売っています。原価ゼロ、在庫ゼロで気軽にできるのがいい」

 しかし最初の半年は売り上げ2件。そこからどう追い上げたのか。

「ブログで宣伝したり、ココナラで“売り上げを伸ばすコツ”という商材を購入して参考にしてから一気に伸びました。単価は500円ですが、1か月で8万円売り上げた月もあります」

 これまでに計1600件以上を売ってきたが、ココナラで情報を販売するのにもコツはある。

「やりとりを簡略化することが大切です。購入者とテンプレートでやりとりできる流れをつくって、あとは追加質問があれば答えるという流れ。手数が多いと負担が増え、片手間で作業できませんから」

 noteなどほかのコンテンツ販売サービスと比べて優位性も。

「クリエイターへの投げ銭的な交流がメインのnoteに対して、ココナラは最初からCtoCでの商材販売に特化して設計されており、カスタマイズも自由。まだ競合サービスもない今が始めどきです」

 人気があるのは美容・ダイエットや占い、副業系のコンテンツ。経験や知識がある人なら元手ゼロ・ノーリスクで稼ぐチャンスだ。

― 儲かる副業BEST ―