スタジオジブリ作品のキャラクターやモチーフをあしらったアメカジブランド『GBL』より、2019年に劇場公開30周年を迎える『魔女の宅急便』と誕生25周年を迎える『BABY-G』とのコラボレーションモデル“魔女の宅急便 BABY-G キキのお店番(15,800円+税”が発売決定した。

 90年代に絶大な人気を得たデザインを継承したBGD-501のモデルがベースになっており、随所に『魔女の宅急便』のデザインが詰め込まれた数量限定のアニバーサリーアイテム。文字盤のグーチョキパン店のカウンターで店番をするキキは『魔女の宅急便』劇場公開時のポスターをイメージしており、内蔵されたバックライトを点灯するとキキが働く“グーチョキパン店”のロゴが浮かび上がる。

 ボディはマットなブラックカラーで、コーディネートしやすいアイテム。3月上旬よりオンラインショップどんぐり共和国そらのうえ店にて予約受付開始、4月上旬にどんぐり共和国店頭での販売を予定している。商品についての続報は、後日『GBL』ブランドサイトやInstagramにて告知される予定だ。

■魔女の宅急便 BABY-G キキのお店番
価格:15,800円+税
素材:ガラス/無機ガラス、ケース・ベゼル/樹脂、バンド/樹脂
本体サイズ:44.7×40×12.5mm
パッケージサイズ:75×115×85mm

『GBL』ブランドサイト:http://www.gbl.tokyo
『GBL』Instagram:https://www.instagram.com/gbl.tokyo
オンラインショップ どんぐり共和国 そらのうえ店:http://www.donguri-sora.com