ジョニー・ウィートクロフトさんは「拷問」を受けたなどとして警察を訴えている

(CNN)米アリゾナ州グレンデールで警察に抵抗したとして逮捕された男性が、股間をテーザー銃で撃たれる「拷問」を受けたとして警官を相手取り、損害賠償などを求める訴訟を起こしている。事件の現場を撮影した映像を、このほどCNNが入手した。

映像では、車から引きずり出され、下着を下ろされた姿の男性に対し、警官がまたテーザーを使うぞと怒鳴りつけ、一緒にいた子どもたちは悲鳴を上げていた。

原告のジョニー・ウィートクロフトさんは2017年7月、警官とグレンデール市を相手取って訴訟を起こした。

グレンデール警察の8日の発表によると、車の後部座席にいたウィートクロフトさんの妻アーニャ・チャプマンさんは、ボトル飲料の入った袋で警官のマーク・リンジーさんを殴ったとされる。車には6歳と11歳の子どもが乗っていたほか、運転席には夫婦の友人がいた。

駐車場の防犯カメラがとらえた映像には、後部座席から投げつけられたボトル飲料がリンジー警察官に当たり、頭部を押さえたリンジー警察官があおむけに倒れる様子が映っている。

警察によると、ウィートクロフトさんがバックパックに手を伸ばしたことから警官は不信感を募らせ、何度も車から下ろそうとしたが、ウィートクロフトさんは抵抗を続けたとしている。

グレンデール警察は、「警官は自分たちと周りにいた人たちの身の安全のため、ウィートクロフトさんを車から降ろし、武器を持っていないかどうか身体検査をしようとした」としている。

ウィートクロフトさんが連邦裁判所に起こした訴えによると、2017年7月26日、一家で宿泊施設に到着し、駐車場に車を止めたところ、2人の警官が近付いてきた。自分たちは疑われるような行動は何もしていなかったとウィートクロフトさん側は主張。身分証明書の提示を求められたために理由を尋ねると、拘束すると脅されたと訴えている。

警官は助手席のドアを開け、ウィートクロフトさんの首と右肩の間にテーザーを当てて、抵抗するつもりかと尋ねたとされる。

警官のボディーカメラがとらえた映像には、マット・シュナイダー警官がウィートクロフトさんの腕を後ろでねじり上げようとする姿が映っていた。ウィートクロフトさんは「私は何もしていない」と叫んでいる。

警官はウィートクロフトさんを車から引きずり降ろそうとしたが、ウィートクロフトの体にはシートベルトが絡まったままだった。警官はスタンガンでウィートクロフトさんの腰のあたりを撃ち、続いて背中を撃った後に、手錠をかける様子が映像に映っている。警官は手錠をかけられたウィートクロフトさんの肩のあたりを再びスタンガンで撃った。

子どもたちと妻が悲鳴を上げる中、ウィートクロフトさんの体は車外に転がり落ちたが、足にはまだシートベルトが絡まったままだった。

車とドアの間にはさまれて地面に座った格好のままうめき声を上げるウィートクロフトさんに対し、警官はさらに1発、テーザーを発射し、ウィートクロフトさんは再び悲鳴を上げた。ここでカメラの映像は警官の腕に遮られたが、テーザーの音がさらに1発聞こえている。

警官は口汚い言葉でウィートクロフトさんをののしっていた。

妻のチャプマンさんも警官を殴ったとして取り押さえられ、父を助けてシートベルトを外そうとした息子はテーザーを向けられて泣き始めた。

訴えによると、マイケル・フェルナンデス警官はウィートクロフトさんの顔面をアスファルトに押さえつけ、シュナイダー警官がウィートクロフトさんをテーザーで撃って、股間を蹴ったとされる。

シュナイダー警官のボディーカメラには、警官がウィートクロフトさんの下着を下ろし、露出した股間にテーザーを当てる様子が映っていた。

裁判でウィートクロフトさん側は、「シュナイダー警官が原告の下着を下ろし、性器をテーザーで撃った」と訴えている。

ビデオの中のシュナイダー警官は、露出したウィートクロフトさんの皮膚にテーザーを当て、「このまま抵抗を続ければもう1発食らうぞ」と脅していた。

裁判でウィートクロフトさんは、もう1人の警官が頭に拳銃を押し当てたと主張している。

ウィートクロフトさんは加重暴行などの容疑で逮捕され、数カ月にわたって拘置され末に、証拠不十分で不起訴となった。

裁判では、無抵抗のウィートクロフトさんに対して警官が過剰な武力を行使し、ウィートクロフトさんを拷問したと主張。このためにウィートクロフトさんはひどいけがと心的外傷を追い、妻と子どもたちも重い精神的ダメージを受けたとして、損害賠償などを求めている。

これに対してグランデール警察は、交通違反を理由にウィートクロフトさんの車に近付き、命令に従わなければスタンガンを使うと警告した後もウィートクロフトさんが抵抗を続けたと説明。警官1人が殴られたことから身の危険を感じ、シュナイダー警官がテーザーを使って応援を要請したとしている。

一方で、警官の行動について検証を行った結果、警官1人の行動に関して処分を行ったことも明らかにした。

ウィートクロフトさんは、この事件とは無関係の窃盗罪で有罪判決を受けて服役中。警察によると、妻のチャプマン被告は加重暴行罪の罪を認めているという。