タクシー衝突し女性死亡 凍結でスリップか

写真拡大

山形県酒田市で10日夕方、凍結路面でスリップしたタクシーが軽乗用車と衝突し、軽乗用車の67歳の女性が死亡した。

10日午後4時半すぎ、酒田市浜中の県道で市内のタクシー会社のタクシーがセンターラインをはみ出し、前から来た軽乗用車と衝突した。この事故で、軽乗用車を運転していた酒田市亀ヶ崎の佐々木郁子さんが頭などを強く打ち、およそ2時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。タクシーに客は乗っておらず、運転手の男性は軽いケガをした。

警察の調べによると、現場はタクシーから見て緩い上り坂の直線で、事故当時、路面は圧雪、凍結状態だった。警察はタクシーがスリップしたとみて調べている。