(CNN)メキシコ南部のタバスコ州で、ジャーナリストが飲食店で食事中に射殺される事件があった。今年に入ってジャーナリストが殺害されたのはこれで2人目だった。

メキシコ当局によると、死亡したのはヘスース・エウヘニオ・ラモス・ロドリゲスさん。タバスコ州の飲食店で9日早朝、朝食をとっていたところ、何者かに銃撃されて死亡した。

ロドリゲスさんは1日に2回放送されるラジオ番組の司会者だった。犯行の動機は分かっていない。

事件についてはタバスコ当局が捜査を続けている。メキシコ政府はジャーナリストや人権活動家の安全対策強化を図ると表明した。

大統領府広報担当のヘスース・ラミレス氏はツイッターへの投稿で、ジャーナリストの安全を守ることの重要性を説き、「表現の自由は権利であり、民主主義、正義、自由の根幹だ」と強調している。

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」によると、メキシコで2018年に殺害されたジャーナリストは9人に上り、世界で4番目に多かった。米国は5番目となっている。

国境なき記者団によれば、メキシコでは政治腐敗や組織犯罪を追っているジャーナリストが狙われるケースが多いという。