試食会で出された「ハマ弁」

写真拡大

 横浜市立中学校で給食代わりに利用されている配達弁当「ハマ弁」。

 利用率が低迷するなか、市は新たな利用促進策を打ち出したが――。(高野真吾)

■ハンバーグ硬くて

 1月下旬、同市鶴見区の中学校であった1年生向け試食会に行き、実際に食べてみた。

 おかずは計4品。メインの「ハンバーグ和風ソースがけ」に「根菜のうま煮」など3品がついた。ご飯、みそ汁、牛乳もあり、なかなかの量だ。教職員と同じく470円を払ったが、生徒だと340円だ。

 冷めないうちにと、用意された割りばしを持ち、みそ汁から口にした。温かさが胃にしみる。ご飯もホカホカしていた。

 次にハンバーグにハシをつける。「おや?」。

 一口大に割ろうとしてもハシが通らない。不思議に思いながら、力を込めるとハシが真ん中から割れた。

 通常、ハシやスプーンは自分で用意する。生徒は割りばしは使わないかもしれないが、折れるほどハンバーグが硬いとはどういうことなのか?

 区の担当者に見てもらうと、調理の不備ではなく、衛生管理の面から起きたことだと言われた。

 担当者の話などによると、ハマ弁では食材の中心部を調理で85度以上に加熱した後、おかずの温度を19度まで下げる。食中毒予防のためだが、この過程でハンバーグが硬くなったという。確かに、ハンバーグの断面は冷たかった。

 あるクラスをのぞいた。午後1時の昼食時間終了時点で、クラスの女子十数人で食べ終わって容器を重ねていたのは2人ほど。男子でも、ほとんどがハシを動かしている途中だった。

 担任教師によると、全員でハマ弁を食べるのは初めてで準備に手間取ったという。「慣れが必要ですね」。昼食時間を10分ほど延ばす判断をしていた。