女子には言えない…職場バレンタインの裏側あるある9パターン

写真拡大

もはや日本の年中行事となったバレンタイン。バレンタインが半強制的なイベントと化した職場では、言いたくとも言えない本音を抱えている人が少なくないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「女子には言えない…職場バレンタインの裏側あるある」をご紹介します。

【1】ホワイトデーの持ち出しが迷惑だと愚痴り合っている
「お返しを豪華にしなきゃいけないって誰が決めたんだろう(苦笑)」(20代男性)というように、義理だということが明らかな同僚からのチョコは、ホワイトデーの出費を思うと素直に喜べない人が多いようです。こればかりは、「なかには本命も混ざっているかも」という妄想の力で払拭するしかなさそうです。

【2】義理レベルのチョコはおいしくないと思っている
「男はスイーツをよく知らないと思って適当なものを買わないでほしい」(20代男性)というように、義理チョコは安価になりがちなので、高品質なものは少ないかもしれません。とはいえ、偏見から「おいしくない」と決めつけず、まずはありがたくいただきましょう。

【3】本命チョコをもらえるかで仲間と賭けている
「本気のチョコがあるか高校生みたいにキャッキャしてます(笑)」(20代男性)というように、バレンタイン本来の醍醐味をネタに賭けをするケースです。純情を馬鹿にされたと感じる女性が多いので、冗談でも口外しないよう気を付けたほうがいいでしょう。

【4】「『ギリギリ女』からの『ギリチョコ』だ」と暴言を吐いている
「特にお局様からもらったときはネタにしちゃうかもしれない…」(20代男性)というように、悪ノリで暴言を吐いてしまうケースです。これは女性を確実に傷つける言葉なので、そういうことを言う同僚にはやんわりと注意して反省を促したいものです。

【5】甘党男子の元に職場中の義理チョコが追いやられている
「チョコ好きな男は少ない」(20代男性)というように、もらったチョコを右から左へ横流しするケースです。あげたものが歓迎されないのは女性にとっても喜ばしい事態ではないので、気の置けない同期の女性などに告白して、改善を提案してはいかがでしょうか。

【6】バレンタインには誰も興味がなく困っている
「女子が楽しそうにしてる意味がわからない」(20代男性)というように、女性陣とテンションを共有できずに困っている男性も多いようです。無理にとは言いませんが、職場の女性を異性として意識すると、もう少し楽しい気分で当日を迎えられるのではないでしょうか。

【7】お返しを買いに行くのが毎年罰ゲームになっている
「じゃんけんで負けたヤツが嫌々買いに行ってます(苦笑)」(20代男性)というように、ホワイトデーは完全に「面倒なもの」と化しているパターンです。誰のお返しが一番女子人気が高いか競うなど、前向きな方向で楽しみを見出す努力をしてみてもよさそうです。

【8】女子よりも強くバレンタインの社内廃止を望んでいる
「バレンタイン禁止の職場が羨ましいです」(20代男性)というように、「バレンタインがなくなればいい」というのが多くの男性の本音なのかもしれません。とはいえ、もらう側が禁止を望むと確実に女性陣の反感を買うので、思っても口にしないようにしましょう。

【9】義理チョコが非常に安価なことに気付いている
「300円くらいのものをどうやって喜べっていうんだ(苦笑)」(10代男性)というように、義理チョコの安さは周知の事実と言えそうです。「高いチョコがほしい」と思うなら、来年への投資と思って、ホワイトデーに豪華なお返しをしてみましょう。

男性が抱える本音は、女性には決して知られてはいけないものばかりのようです。メールなどでやりとりすると宛先を間違えて誤爆する危険があるので、男同士の飲み会で愚痴る程度に抑えましょう。(小倉志郎)