世の中にあふれる「30歳までに〇〇しなければ」論のモヤモヤを考える「29歳問題」特集。今回は、「30歳になった途端に周囲から『結婚するの?』『もう若くないね』などと口々に言われ、ゲンナリしました」と2年前を振り返るバイヤーのKさん(32)の体験談をうかがいました。彼女が「30歳の壁」を初めて感じたのは、30歳になる年のお正月のことだったといいます――。

●「29歳問題」という問題

20代最後の正月に、同窓生たちがため息

「年末に帰省したとき、高校の同窓生たちとお茶をすることになったんです。メンバーは結婚して2歳の子どもがいる男性に、女性が4人。女性は全員未婚で、実家の店を手伝っている地元女子に、失恋直後のメーカー勤務のOL、婚活中の美容師、そして私。

最初に地元女子が『もう30歳なんだね』とため息をついたのが合図のように、美容師が『焦るね』、失恋女子が『何もしていないのに30歳だ』って。ネガティブな空気が流れました」

と語るKさん。当時、女子全員が結婚の予定がなく、Kさん以外は彼氏もいなかったといいます。28歳の時から一つ年下の男性と同棲していたKさんも、彼との間に結婚の話題が出たことはありませんでした。

「その場の女性4人とも、『30歳になったらこうしよう』とか前向きな発言が全くなくて、まるで30歳になることが怖いというような雰囲気になった。不思議でしたね」

この時は、まだ実感のなかったKさんでしたが、この年に訪れた誕生日を機に「30歳の壁」を切実に感じたといいます。

30歳になったある日、男性上司が放った一言に驚愕

新卒でWebのベンチャー企業に入社したKさんは、28歳の時に流通業界に転職。見習いから念願の飲食業界のバイヤーとなりましたが、契約社員で不安定な立場でした。転職してから1年ほどで30歳の誕生日を迎えたときに、クライアントの年上の女性からの質問に、心がざわついたといいます。

「20代でやり残したことはないの?と聞かれて、びっくりしました。だって昨日は29歳だったわけです。自分の人生はまた続いていくのに、どうして『20代でやらなかったこと』をわざわざ聞いてくるのかと。

その女性の質問は、まるで大みそかに一年を振り返って、新年に目標を立てる時のような言い方に感じられました。でも、29歳は大みそかではないし、人生って、もっと長いですから」

その後、会社の40代上司からかけられた言葉には、Kさんはより強い怒りを覚えました。

「30歳になってから1カ月くらいたったある日、40代の男性上司から『女は30歳前に結婚するものだろ』と露骨に言われました。上司は奥さんと20代後半に結婚していて、奥さんの友達も同じ時期に結婚した人が多かったそうです。だから女性は30歳前に結婚するというのが当たり前の感覚なんですね。結婚観はそれぞれのはずなのに、どうして自分の結婚観を強いるのでしょう」

会社の上司だけではありませんでした。前の会社の先輩やクライアントからも「30歳で独身なの?」、「結婚するの?」などと、たびたび聞かれたといいます。会社の上司らはKさんに同棲中の恋人がいることを知っていたため、結婚が近いかどうかを知りたがっていたのかもしれません。

「当時の私は30歳まで結婚しなかった、では30歳で結婚するのか、と、周囲からよく言われていました。でも、もし私が男性だったら、上司や周りの人たちはここまで『30歳結婚問題』を口にしなかったのではないでしょうか」

Kさんが結婚を焦らなかったのには、理由がありました。仕事で結果を出したいという意気込みがあったことに加え、実は、密かに心の中で恋い焦がれていた男性がいたのです。

「人間としても素晴らしい30代の上司に憧れていました。でも上司には妻子がいて。叶わない恋だとわかっていながら、惹かれてしまうんです。同棲中の彼には悪いと感じましたが、一番好きな人は尊敬する上司。だから、彼から結婚話が出ないのは幸いと思っていました」

彼のプロポーズに「今か……」と戸惑った

ところが、「30歳」として迎えたその年の暮れに、Kさんに転機がやってきました。

「クリスマスに、彼からプロポーズされたんです。嬉しいというより、今か……って感じで。やはり、尊敬する上司が一番でした。でも恋しても気持ちのやり場のない相手なので、踏ん切りをつけるために前に進もうと思いました。

もちろん、長年同棲した彼と別れらない、という気持ちもあった。私にとっても彼にとっても、長い間つきあってきた二人のけじめみたいな結婚でした」

準備期間を経て、入籍のタイミングは、たまたまKさんの32歳の誕生日と重なりました。ところが、入籍直後に思わぬ事態が生じたことで、Kさんにまたも、大きな心境の変化が訪れました。

「夫に浮気をされて……怒りのあまり夫を追い出して、一時別居していました。夫の両親が夫と私の間に入り、3カ月後に夫が戻ってきたんです。今はまぁ考えずに、仕事を頑張ろうってことですね。

結婚しても『これでいい』ということはなくて、30歳になってからの方が大変でした。『30歳の壁』に困惑した時期が、なんだか遠い過去のような気がします」