「炎炎ノ消防隊」筋トレを愛する大隊長オウビ役に中井和哉 無能力者でも「リーダーの理想像」

写真拡大 (全2枚)

(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

テレビアニメ「炎炎ノ消防隊」に中井和哉が出演することが決定した。主人公の森羅日下部(シンラクサカベ)が所属する「第8特殊消防隊」の大隊長を務める秋樽桜備(アキタルオウビ)を演じる。

オウビは一般消防士出身で、特殊な能力を持たない無能力者が鍛え上げられた肉体を武器に活躍する「第8消防隊」の兄貴分。筋トレをこよなく愛し、そのトレーニング風景は「筋トレを超えた筋トレに近い何か」と呼ばれほどの肉体派キャラクターだ。

演じる中井は「優しさと厳しさ、強さと多少のツッコミどころを併せ持つ男。僕が考える、リーダーはこうあって欲しいという理想像です。現場での活躍や部下への教示もカッコいいですが、なんといっても被害者や遺族へ向ける思いやりにシビれております」とオウビを紹介。「われわれキャスト陣としてはとにかく一歩一歩、しっかり準備を進めているところで、収録ごとにキャラクターとみんなの声の一体化が深まっていくのを実感しています。パッと世に出てあっという間に終わる作品ではないと思っているので、みなさんにもゆっくりと期待を膨らませつつ待っていただきたいと思います」と収録の手応えを語った。YouTubeでは、オウビのセリフを聞けるキャラクタープロモーションビデオが公開されている。

同作は、「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載されている大久保篤氏によるダークファンタジーバトル漫画のアニメ化。人々が炎の怪物“焰ビト”に変ぼうしてしまうという人体発火現象が多発する、太陽暦佰九拾八(198)年の東京を舞台として、周囲から“悪魔”と呼ばれながらもヒーローを目指すシンラが、現象の解明と人々の救助に携わる「第8特殊消防隊」の新人隊員として奮闘する。