永野芽郁(左)と広瀬すず(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 主演の菅田将暉(25)とともに、連続ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)に出演し、視聴率を牽引している永野芽郁(19)。昨年末のNHK「紅白歌合戦」には審査員として参加。4月スタートの朝ドラ「なつぞら」に主演する広瀬すず(20)との新旧朝ドラヒロインの“絡み”は視聴者を大いに喜ばせた。

広瀬すず大失態に落胆の声…下手すぎ紅白司会の重篤後遺症

 星野源(38)が朝ドラ「半分、青い。」の主題歌「アイデア」を歌った後、紅組司会の広瀬が永野に「芽郁ちゃん、(『アイデア』を改めて聴いて)どうでしたか?」と感想を聞いた。すると、永野は目を潤ませ「いや、もう、何回見ても泣きそうになる……」と声を震わせた。

 視聴者をくぎ付けにしたこの2人のシーンについて「女性セブン」(2月7日号)は、“実は双方のスタッフは緊張状態だった”と書いた。ある芸能関係者は「そりゃそうですよ。2人は年齢が1歳違いで、デビューから女優としてブレークするまでの過程がほぼ一緒。意識しないことの方が難しい」と語る。

 実際、改めて2人の経歴を見比べると、かぶる点が少なくない。いずれもファッション雑誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルとして注目を集めた(広瀬は昨年10月に卒業)。セブンティーンは過去に北川景子、桐谷美玲、武井咲、剛力彩芽ら人気女優をたくさん輩出してきた雑誌だ。モデル同士の競争も激しいという。しかも、広瀬は14年、永野は15年に「全国高校サッカー選手権」のイメージガールを務めた。

 これだけではない。

「広瀬は4年前にタレントのCM契約数でトップに立ちましたが、後方から猛追しているのが永野なんです。2人のセールスポイントは“可愛いらしさと清潔感”。ここでも“キャラかぶり”を指摘する人がいます」(広告代理店関係者)

 まさに“つばぜり合い”。トップ女優の座も激しく争っている。

 広瀬と親交のある若手俳優は、「すずちゃんが結構気にしているのが、後輩の芽郁が自分より1年早く朝ドラの大役を務めたこと。すずちゃんとしてみれば、映画『海街diary』で日本の映画賞を総なめにして、フランスの『カンヌ国際映画祭』にも招待されたという自負と自信がありますからね……。ボクたちは“すずちゃんは朝ドラの制作100回記念のメモリアル作品に出演するんだから”と励ましているのですが……」と証言する。

 広瀬と永野の関係は映画スタッフやテレビ制作の現場レベルにも暗い影を落としつつあるという。

「人気者の2人ですから共演させれば当然、高視聴率や高興収が見込めます。ところが、2人に出演オファーを出しても受けてもらえないといいます。いわゆる“共演NG”というやつなのでしょうか。将来的には分かりませんが、企画倒れになった映画やドラマがいくつかあるそうです」(ドラマ関係者)

 もし今後、「紅白」で見せたようなほほ笑ましい2人の姿が見られないとしたらファンは残念だろう。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)