「が〜まるちょば」からの脱退を発表したケッチ!(左)

写真拡大

 言葉を使わない“サイレントコメディー”に挑み続けるデュオ「が〜まるちょば」のケッチ!が9日、所属事務所を通じて3月末をもって脱退することを発表した。ケッチ!は4月からヨーロッパへ移住し、HIRO-PONが今後、新生が〜まるちょばとして活動していく。

【写真】が〜まるちょば、サングラスを外した素顔

 が〜まるちょば、HIRO-PON(本名、年齢非公表)とケッチ!が、1999年よりサイレントコメディーデュオとして活動を開始。言葉や文化を超えたパフォーマンスが高く評価され、30ヶ国を超える国々のフェスティバルなどから招待を受けるほど大人気となり、近年は国内の舞台公演にも力を注いできた。

 ケッチは、所属事務所を通じて「この度、私、ケッチ!(赤モヒカン)は、2019年3月でが〜まるちょばを脱退することにしました。パントマイム以外にやってみたいことがいくつかありまして、4月からヨーロッパ移住を決めました」と報告。

 「子供のように好奇心旺盛に、いろんなことを吸収しつつ、感じるままに動こうと思っています。今後、パフォーマンスを続けていくのか、帰国がいつになるのかさえ、今は未定です。情報発信としてツイッターは続けるつもりですので、ご興味あればのぞいてみてください」と伝え「これまで支えてくれたみなさん、心から感謝いたします。本当に本当にありがとうございました。ケッチ!」とコメントした。

 HIRO-PONも「『が〜まるちょば』の看板を4月からひとりで担う事になりました。今まで以上にサイレントコメディー、そしてパントマイムの可能性を探求し、その力を探究していきたいと思っています。ひとりになる『が〜まるちょば』を、これからもどうぞ宜しくお願い致します」とメッセージしている。

以下、コメント全文

【HIRO-PON】
「が〜まるちょば」の看板を4月からひとりで担う事になりました。
今まで以上にサイレントコメディー、そしてパントマイムの可能性を探求し、その力を探究していきたいと思っています。ひとりになる「が〜まるちょば」を、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

【ケッチ!】
この度、私、ケッチ!(赤モヒカン)は、2019年3月でが〜まるちょばを脱退することにしました。
パントマイム以外にやってみたいことがいくつかありまして、4月からヨーロッパ移住を決めました。
子供のように好奇心旺盛に、いろんなことを吸収しつつ、感じるままに動こうと思っています。
今後、パフォーマンスを続けていくのか、帰国がいつになるのかさえ、今は未定です。
情報発信としてツイッターは続けるつもりですので、ご興味あればのぞいてみてください。
これまで支えてくれたみなさん、心から感謝いたします。本当に本当にありがとうございました。