日本でオールシーズンタイヤの本格販売をスタートさせたミシュラン

写真拡大

 首都圏でも積雪予報の出るこの時期──雪道走行で履き替えなくて済むクルマの“夏タイヤ”があればこんなに便利なことはない。そこで近年、オールシーズンに対応したタイヤも登場しているが、モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏は、「決して万能ではない」と警鐘を鳴らす。

【写真】タイヤに寄りそう美女コンパニオン

 * * *
 いま、タイヤマーケットで注目が高まっているのが、サマータイヤ、ウインタータイヤに続く、第3のタイヤとなる「オールシーズンタイヤ」です。

 サマータイヤのように雪のない路面や濡れた路面を走れるだけでなく、ちょっとした雪道もこなせるのがオールシーズンタイヤ。欧米では非常に人気が高く、ドイツでは乗用車の約1割のシェアを獲得しているとか。また日本でも、バスやトラックなどはオールシーズンタイヤを利用するクルマが増えています。

 そんな便利なオールシーズンタイヤですから、日本でも人気が出るだろうと、主に欧米ブランドによる日本市場導入が、ここ2〜3年の間に活発になってきました。

 気が付けば、グッドイヤーの「ベクター 4シーズンズ ハイブリッド」をはじめ、ピレリ「チントゥラート オールシーズン プラス」、ミシュラン「クロスクライメート」、ファルケン「ユーロウインター HS449」といった銘柄が販売されるようになりました。数あるうちに日系なのは、唯一、ファルケンだけです。

 ちなみにミシュランのクロスクライメートは、1年ほど前にオートバックス限定での先行発売が開始され、今年から全国への本格販売がスタートしています。つまり、ミシュランは「日本市場でオールシーズンタイヤは売れる!」と確信したのでしょう。

 ちなみに、なぜ、オールシーズンタイヤが夏も冬も履けるかといえば、最新のゴムの技術と特殊なトレッドパターンの合わせ技だからです。冷たい雪道でも柔らかさを維持するゴムと、雪にしっかりと食い込み、それでいて濡れた舗装路で水を上手に排出するトレッドパターンを採用しているのが、夏も冬も走れる理由です。

 ただし、オールシーズンタイヤは決して万能ではありません。

 最大の弱点は「凍った路面に弱い」ということです。圧雪路は大丈夫でも、アイスバーンには苦手です。もちろん、サマータイヤと比べれば得意ですが、「スタッドレスタイヤ」(※注/積雪路や凍結路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種)には負けてしまいます。

 また、夏場の舗装路の性能は、やはりサマータイヤのほうが上。つまり、冬になると必ず雪が積もり、アイスバーンもできてしまう地域の人にオールシーズンタイヤは適していないのです。そういう地域であればスタッドレスタイヤを使いましょう。冬場はスキーに何度も行くという人もスタッドレスのほうが無難です。

 結局、オールシーズンタイヤは、1年の間でほんの2〜3日だけ雪が降って、翌日にはすぐに除雪されてしまうような地域の人に便利なのであって、間違っても「すべての季節に対応するというのだから、雪が積もってアイスバーンのできる地域でも大丈夫」などと勘違いしてはいけません。

 じつは、日本の大手タイヤメーカーであるブリヂストンと横浜ゴムは、日本市場で乗用車向けの「オールシーズンタイヤ」を販売していません。

 もちろん両社ともに製品は持っています。正確に言えばブリヂストンは、ブリヂストンタイヤ専門店で「ネクストリー タイプS」を専売していますが、表立ってカタログに掲載しない裏メニューのようなもの。横浜ゴムにも欧州向けの「ブルーアース 4S AW21」というオールシーズンタイヤがありますが、日本では発売していません。

 話題になっている製品を持っているのに、大手2社の態度は消極的そのもの。そして、その理由が、先に挙げた「勘違いしてはいけない」というものです。「ユーザーが勘違いして、交通事故でも起こしたら大変だ!」と不安になっているのです。

 とあるタイヤメーカーの取材会で、メーカーの開発陣や営業、広報などの話を聞いてみれば、誰もが製品への自信と不安をのぞかせます。使い方さえ間違わなければ、便利で良い製品だという思いはありますが、もしもユーザーが勘違いしてしまうのが怖いというわけです。すでに高いシェアを持っているブリヂストンと横浜ゴムが慎重な姿勢を取らざるを得ないのも、そうした理由からでしょう。

 もっとも、オールシーズンタイヤの販売が伸びれば、一方でスタッドレスタイヤの売り上げが目減りすることも予想されます。現在ある、大きなスタッドレスタイヤ市場を壊したくないという思いも、きっとあるのでしょう。

 オールシーズンタイヤの普及は、まるで4〜5年ほど前の衝突軽減自動ブレーキの導入時とそっくりです。自動ブレーキを「いつでも確実に止まる」とユーザーに過信させたくないと、自動車メーカーのほとんどが慎重になっていました。

 そこに勇気をもって「ぶつからないクルマ」とプロモーションしたスバルは、その後、一気に「安全なクルマ」のイメージを高めました。そうした変化を、チャレンジャーである欧米ブランドは狙っているのでしょう。

 まずは便利なオールシーズンタイヤにも弱点があり、それを理解したうえでの利用が必須だということを広くユーザーに啓蒙していくことが大事だと思います。