リバプール、純利益世界記録更新を発表! 史上初1億ポンド超え達成

写真拡大

リバプールが世界記録の純利益を生み出したことを発表した。イギリス『BBC』が発表した。

リバプールが記録した純利益は、1億600万ポンド(約151億円)。2018年5月までの12ヵ月間の売上高が9000万ポンド(約128億円)から4億5500万ポンド(約648億円)に上昇し、そこから諸々の経費や損失を引いた税引前利益が4000万ポンド(約57億円)から1億2500万ポンド(約178億円)にまで跳ね上がった。

リバプールは昨年1月にMFフィリペ・コウチーニョを移籍金1億4500万ポンド(現在のレートで約207億円)でバルセロナに売却。また、チャンピオンズリーグ(CL)で準優勝の成績を収めたことにより推定7200万ポンド(約102億円)の賞金を獲得し、大幅な利益を積み上げた。

これまでの最高額は、レスター・シティが“奇跡のプレミア優勝”を成し遂げた翌年の2016-17シーズンに記録した9250万ポンド(現在のレートで約132億円)。リバプールもレスターもその前年にはCLに参加しておらず、急激な成長が利益をもたらしたようだ。