「オキシジェン」田中知史

写真拡大

 お笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田(44)、元日本テレビアナウンサーの上田まりえ(32)が8日、東京・港区のとっとり・おかやま新橋館で行われた「とっとり芸人冬の陣〜めざせ!ふるさと大使〜」で司会を務め、鳥取に縁のある芸人たちがネタを競った。

 お笑いコンビ「オキシジェン」の田中知史(41)は「『ゲゲゲの鬼太郎』の故水木しげる先生を輩出したように、鳥取は漫画王国。『名探偵コナン』で知られる漫画家の青山剛昌先生(55)も鳥取出身で、実は僕のいとこ。父親同士が兄弟で、僕はコナンの6巻に犯人役として出ている。だから一回、人を殺しているんです」と衝撃の“殺人告白”を行った。

 さらには、小学校の夏休みの宿題に描いたという絵を持参し「夏休みの最終日の8月31日、宿題の絵が間に合わず、青山先生にお願いしてイルカの部分を描いてもらった。すると学校で賞を取り、先生から『躍動感がすごい』と褒められた」と“秘話”を披露した。

 イベントにはほかに山田ちゃーはん(よしもと)、フルーツおじさんとっしー(よしもと)、岩ちゃん(太田プロ)、ラストライド(サンミュージック)、みょーちゃん(松竹芸能)が出演。司会を含め、出演者はいずれも鳥取出身か暮らしていたなど縁がある。