堀江貴文氏が問う「何のために働いているのか」

写真拡大

 あなたは何のために働いているのですか――? AI(人工知能)やロボットの台頭を否定的にとらえる人たちに対して、堀江貴文氏はそう疑問を投げかける。「AI時代の生き方」を考える短期集中連載の第4回。最新刊『僕たちはもう働かないでいい』が話題を呼んでいる堀江氏は、働く根源的なモチベーションが何なのかを、いま一度、見つめ直してほしいと説く。

 * * *
 テクノロジーは決して、人々の仕事を奪うものではない。AIやロボットも同様だ。彼らは、むしろ人に新しい仕事を増やしていくものと考えていい。彼らをケアするための新しい学問が生まれ、システム従事者やメンテナンス技師、AIアプリ開発の仕事は、慢性的に人が足りない状態になる。

 また多くの人間にとって「面倒くさい」仕事をAIやロボットが引き受けてくれるというなら、「面倒くさくない楽しい」仕事は、グッと増えていくはずだ。具体的には、人間のコミュニケーションが価値そのものであるような仕事だ。

 例えば、ソムリエやパティシエ、カリスマ家電販売員やBOOKキュレーター、カウンセラーなどの需要はますます高まるだろう。マッサージ師や美容師、パフォーマンスで見せるアーティストやお笑い芸人、タレントの活躍の場も増える。

 ソフトバンクの孫正義さんは、「いまはAIのエンジニアとデザイナーが必要。ハイテクでなく、ハイタッチで人の心にタッチできる仕事が求められる」と語っていた。的確な見識だ。AIロボットが社会進出を果たしていったとき、私たちは、人にしかできないものは何か? という根源的な問いを突きつけられることになる。

 それなのに、AIやロボットの台頭=仕事の減少=失業者の増加=社会不安の増大……という構図を、何の思慮もなく思い浮かべてしまう人たちの思考が、私には理解できない。そんな人たちに、ひとつ問いたい。あなたは何のために、働いているのですか?

 こう問われて、「生活のため」「家族のため」「お金をもらうため」と即答する人が、かなり多いだろう。それはそれで間違いではない。しかし、質問の本質を、とらえていない。私が問うているのは、働く根源的なモチベーションの話だ。

 あなたがもし、「生活のため」と即答する側だったとしたら──生活に満ち足り、家族はなく、どこかで1億円拾って預金通帳に9ケタの数字が並んだら、もう働かない、ということだろうか?

 働くことを、お金や生活との引き換え、つまりトレードコストで考えていると、その大きな流れに抗い続けることはできない。わずかなお金と、生活の安心を、人生の時間と引き換えにして、本当に大切なものを、変化の波に知らないうちに吸収されていく……。そんな残念な状況が、私にはうかがえる。

◆「不安好き」の自己洗脳にかかっている

 何のために働いていますか? 何のために生きていますか? 何のために時間を投じ、身体を動かし、人生を費やしているのですか? こうした問いに対して、「生活のためです」「お金目的です」と堂々と答えられる人は、ある意味すごいな、とすら私は思う。

 人が働く根源的なモチベーションは、楽しいから、好きだから。それが基本だろう。楽しんでいるだけで暮らしていける環境が、AIやロボットなどのテクノロジーの進化のおかげで、到来しようとしている。

 なのに、自分で苦しい道を選択している……俗世を捨てて山ごもりに入る、修行僧の発想だ。お金や生活に支配されて生きている人は、私からすれば逆の意味でストイックに思えてしまう。どうして自ら、辛く苦しい、何も生みださない道を行こうとするのだろう?

 生活の糧を得るために働いているという意識の人は、たしかにAIやロボットの進出を脅威だと考えてしまうかもしれない。テクノロジーの輝かしい能力に目を向けず、気になるのはいまの環境を奪われる不安ばかりで、自分が社会から追いやられる恐怖にビクビクしている。

 あなたが、もしそう感じているとしたら……はっきり言おう。あなたが好きなのは、お金ではない。潤沢な糧で得られる、安定した生活でもない。不安だ。不安になるのが、好きなだけなのだ。ある意味で「不安好き」の自己洗脳にかかってしまっている。だから「あなたは何のために、働いているのですか?」の問いの本質に、気がつけない。

 声を大にして、改めて伝えたい。僕たちはもう働かなくていい。嫌な仕事、面倒なことはしなくていい。これからの時代、生き残れるのは、安定した仕事を与えられた人でも、お金持ちでもない。働かなくてもいい世界で、なおモチベーションを持ち、何かの行動を起こせる人が、生き残れるのだ。

※堀江貴文・著/『僕たちはもう働かなくていい』より