東京での殺人や強盗などの重要犯罪の検挙率 戦後初めて90%を超える

ざっくり言うと

  • 殺人や強盗などの重要犯罪に関する、2018年の警視庁の検挙率
  • 戦後初めて90%を超え、93.9%を記録したことが7日、分かった
  • 驚異的な検挙率と言え、防犯カメラ捜査の浸透が解決の背景にあるとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング