小2母子無理心中 何が母を追い詰めたのか(イメージ写真/PIXTA)

写真拡大

 2018年11月29日夜、宮城県仙台市内の一軒家で2人の遺体が発見された。亡くなったのはこの家に住む小学2年生の長女Aちゃんとその母親。帰宅した父親が発見した。事態が急転したのは今年1月19日。父親が、Aちゃんの遺したメモを手に会見を開いたのだ。

《しにたいよ しにたいよ なにもいいことないよ わるいことしかないよ いじめられてなにもいいことないよ しにたいよ しにたいよ》

 メモ用紙いっぱいに鉛筆書きの平仮名で「しにたい」の4文字が繰り返されていた。

「父親は、『娘は同級生からいじめを受けており、母親もいじめへの対応で体調を崩して友人づきあいが減った』と明かし、そのうえで『学校に繰り返し相談したが、表面的な対応が続いた』として無理心中の責任は学校にあると訴えました。メモは昨年の7月にAちゃんが書いたものだそうです」(全国紙社会部記者)

 なぜ母娘は命を落としたのか──。取材を続けるうちに本誌・女性セブンは、Aちゃんの母親が亡くなる直前まで書き続けた日記やメモなどを入手した。そこには、娘が受けたいじめと学校の対応、揺れ動く母親の気持ちなどが数か月にわたって、詳細に記録されていた。

 それによると、両親が最初に異変を感じたのは2018年5月。同級生たちと登校中のAちゃんがそのうちの1人からアサガオの支柱で叩かれそうになり、怖くてひとりで登校したことが発端だった。これがきっかけとなりAちゃんは小1の頃から、登校する際に同級生たちに置いていかれたり、「あれ取ってきて」と家来のように扱われたりしていたことがわかった。

 寝耳に水だった両親が急いで学校に連絡すると、学年主任や担任が立ち合いのもと、該当児童たちを集めて握手させる「仲直りの会」が開かれた。だが幼い子らの諍いは一件落着とはならず、母親が遺したメモによると、その後もAちゃんをじっとにらんだり、無視やヒソヒソ話をしたりすることが続き、ショックを受けたAちゃんは学校に行けなくなったという。

 さらに、母親は、発言内容を校長や宮城県総合教育センター、仙台弁護士会、仙台市教育委員会にも相談したが、問題は解決に向かわなかった。

 残念なことに、娘のためにもがけばもがくほど、母親は孤独を深めていった。Aちゃんの父親の代理人を務め、母親が遺した記録にも目を通した、全国自死遺族連絡会代表理事の田中幸子さんが言う。

「お母さんは、わが子を守るために何十回も学校を訪れていた。そのため、地域の一部の住民は、『あの母親はモンスターペアレントだ』と心ない噂を立てる人もいたと聞いています。ただでさえ狭い学区なので、車を見れば誰が小学校を訪れたのかすぐわかる。そんな“閉ざされた環境”もお母さんを追い詰めた一因だったのだと思います」

◆専業主婦は“子供をどう育てたか”で評価される

 母娘を襲った悲劇の背景に何があるのだろうか。精神科医の片田珠美さんは、「母子一体感の強さ」を指摘する。

「報道を見る限りでは、母と娘の一体感が非常に強いと感じます。この状態の母親は、子供がいじめられて追い詰められると、それに同一化して“子供がダメなら自分もダメなんだ”と思い込んでしまう。今回のケースでは、娘の書いたメモに『しにたい』とあったのを見た母親がつらさのあまり、“いじめられやすい子に育てた私が悪い”と自分を責めたのかもしれません。同時に精神的に不安定でうつ状態から抜け出せなくて、“つらい状況から娘を救うには、この子を殺して自分も死ぬしかない”と思い詰めた可能性があります」

 また、もともと優秀な「いい子」であるほど、トラブルが起きた時に母親が心理的に追い詰められる可能性が高いという。

「授業参観で積極的に発言するような“いい子”だったのは、勉強ができて先生や友達にも好かれる、いわば『パーフェクトチャイルド』を親が求めていたからかもしれません。そんな中でいじめや友達同士のトラブルが起きてしまうと、お母さんもまた傷つき、追い詰められやすいのです」(片田さん)

「自分を責めるより、いじめの解決が先だ」との声もあるだろうが、Aちゃんの母親は娘を守るため一生懸命だった。

 そこで学校とともに立ちふさがったのは「親同士の関係」という障壁だ。前述のように、周囲では、一部にAちゃんの母親の行動に否定的な意見があったとされている。

「いじめにあっている子供の母親が、何とかしてあげたいと思って行動を起こしたとします。ですが、“子供のけんかに親がしゃしゃり出るべきでない”と考える保護者も、いまだ少なくありません。それによって周囲のママ友との関係が悪化し、いじめがよりひどくなることだってあります。それを恐れ、直接の抗議や対策を講じることをためらうケースも多い。子供思いの母親ほど、何もできない無力感に苛まれやすいのです」(片田さん)

 この指摘に大きくうなずくのは、母親同士の葛藤を描いた漫画『ママ友がこわい』(KADOKAWA)の作者で、イラストレーターの野原広子さんだ。 

「ママ友とのトラブルを取材した時、多くの母親は『口が裂けても言えない』『どこから漏れるかわからない』と目を伏せました。ママ友の世界で最も恐ろしいのは、一度でも関係にひびが入ると埋まることがないこと。そして、影響力のある一人がそっぽを向けば、それにならってみんながそっぽを向くことです。

 小さな子供と手をつないだママたちの集まりは、一見すると明るく楽しそうですが、彼女たちはトラブルを恐れながら慎重に生きているのです」(野原さん)

『ダ・ヴィンチニュース』が小学生の子供を持つ母親を対象にした「小学校入学時に不安だったことはあるか」というアンケートによれば、9割が「友達ができるか」「いじめにあわないか」など何らかの不安を抱えていたと回答した。

 さらに日本情報法規の調査によると、母親の5人に1人が母親同士の関係性に悩んでいるという。

 つまり、多くの母親は子供の学校生活や人間関係に潜在的な不安を抱えているうえ、実際、子供を伴う自分の人間関係に悩んでいるということだ。そのうえ、現実にひとたびトラブルが発生すれば円満解決は難しい。弁護士の高橋知典さんが指摘する。

「母親同士で特に多いのが、子供のいじめがあったかどうかのトラブルです。一度揉め始めると、『お宅の子がやったに決まっている』『いや、うちの子がやるはずがない』と互いに譲らず、円滑な話し合いができません。なかには『嘘をつくな』と相手の子供に食ってかかる親までいます」

 高橋さんによれば、同事務所へのいじめやママ友のトラブル相談は年間200件を超え、その数は毎年増えているという。

 Aちゃんの母親のような「専業主婦」という境遇も、母親を追い込みやすい。

「専業主婦は子供をどう育てたかで評価される面があり、子育てを一生懸命がんばっている母親ほど、いじめは自分自身のマイナス評価につながると思い込みやすい。さらに地域住民がお互いのことを知っていて、濃密なつきあいをしているのであれば、逃げ場が全くない状況になってしまう」(片田さん)

 ましてや夫が朝から晩まで働き、実家が遠く、核家族ともなれば、誰も頼れない母親の孤独は深まるばかりだ。

「一般的に『ママは幸せ』『ママは強くなきゃ』という前提で世の中は見ているから、文句や愚痴が言いづらいうえ、夫が話を聞いてくれたとしても本当に理解してくれているかは、難しいところ。ママのつらさの大部分は、周囲から理解を得ることへの大変さが大きいのではないでしょうか」(野原さん)

※女性セブン2019年2月21日号