初写真集を発売する『ミスマガジン2018』グランプリの沢口愛華(C)LUCKMAN/講談社

写真拡大

 多数のアイドル・女優・歌手を輩出し、昨年7年ぶりに復活した名門ミスコン「ミスマガジン2018」でグランプリに輝いた沢口愛華(15)が、グランプリ特典である1st写真集を3月27日に発売することが決定した。地元の名古屋と写真集の聖地・ハワイで撮影を刊行し、大人と子供の間で揺れる15歳の等身大の輝きを存分に放った。

【別カット】抜群のプロポーションを披露した沢口愛華

 同コンテストは1982年から始まり、今年で36周年と雑誌業界で最も歴史のあるミスコンで、初期には女優の斉藤由貴や細川ふみえなどを輩出。以降も中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩(乃木坂46)など、現在も最前線で活躍する女優・モデル・アイドルが多数誕生している。体制やシステムの見直しのため2011年から休止され、昨年7年ぶりに復活した。

 そんな名門ミスコンで女王に輝いた沢口は、名古屋のアイドルグループ・delaで活動し、身長154・バスト88・ウエスト60・ヒップ85センチという抜群のプロポーションを誇る15歳の超逸材。これまでに『ヤングマガジン』や『週刊少年マガジン』のグラビアを飾り、「劇団ミスマガジン」として舞台『ソウナンですか?』で主人公・鬼島ほまれを演じるなど、スターへの階段を確実に登っている。

 そんな沢口の待望の写真集は、名古屋では制服姿でお気に入りスポットを巡り、ハワイの雄大な自然の中で磨かれていった表現力を発揮。高校生に見えない幼い表情と、高校生に見えない大人な表情の振れ幅が存分に収められ、初写真集から「でら満足」な内容となっている。

 沢口は「地元名古屋からハワイまで、優しいスタッフさんたちに支えられて楽しい撮影でした。15歳、等身大の沢口がぎーっしりつまってます。沢口のことを応援してくださっている方はもちろん、いろんな方々に手に取って見ていただけたらなと思います!」とフレッシュに呼びかけている。