映画「終わった人」で第61回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞した舘ひろし(左)は司会の新垣結衣とハグする(撮影・小沢裕)

写真拡大

<第61回ブルーリボン賞>◇6日◇イイノホール

主演男優賞の舘ひろし(68)は「ブルーリボン賞の第1回は僕の生まれた年」と感慨深げだった。

「中学生の頃から賞に縁がないし、昔から芝居には自信がない。きっと運が良かったんですよ。年の割にコメントがうまくなくてごめんなさい」と謙虚に笑った。

司会の阿部サダヲ(48)から「この際だから逸話の真偽を確かめさせてください」と振られると、舘は「現場に裸の上にバスローブで来るのは本当ですよ。だって、どうせ着替えるから」と説明。同じく司会で3度の共演経験のある新垣結衣(30)から「トースターも持って来ますよね」と明かされると、「そうそう、(現場到着したら)トーストとコーヒーで朝ご飯を食べる。おれのトーストおいしいよな、ユイ。『超熟』だけど」と商品名まで明かすサービスぶりだった。

「また舘さんと仕事したいです」と新垣が笑顔で話すと、いきなりハグのサービス。阿部は「僕が言うと不自然なのに舘さんが『ユイ』と呼ぶとなんで自然なんだろう」と苦笑いしていた。