唇にKFCのタトゥーを彫った女性(画像は『Metro 2019年2月4日付「Woman wants free KFC after getting the logo tattooed on her lip」(Picture: Caters News)』のスクリーンショット)

写真拡大

世の中には様々な意味や思いを込めてタトゥーを入れる人がいるが、このほど豪メルボルンでファストフード「KFC」のロゴタトゥーを唇の内側に彫った女性のニュースが『Metro』『Mirror』などで報じられた。

豪ビクトリア州メルボルンに住む銀行員タバサ・アンドレードさん(20歳)は、これまでにも身体に「family」という文字タトゥーやデザインタトゥーを数か所入れてきたが、再び別のタトゥーを彫りたいと思い両親に相談した。

するとタバサさんの両親は「自分にとって大切で意味があるものなら構わない」と許可してくれたため、タバサさんは考えた結果「意味のあるもの」として完璧なタトゥーを思いついた。

2018年11月、クイーンズランドでホリデー中だったタバサさんは「やるなら今」と思い立ち、そのタトゥーを入れることを決意した。そして彫られたのが、世界に数多くのチェーン店を持つファストフード「KFC」のロゴタトゥーだった。

タバサさんはそのタトゥーを下唇の内側に彫った。ケンダル・ジェンナーが下唇に「MEOW」と入れたのを見て、そのアイデアを取り入れたそうだ。タバサさんはこのユニークなタトゥーを気に入っているようで、このように話している。

「世界で自分を一番幸せにしてくれる食べ物と言えば、私にとっては『KFC』なの。少なくとも週1で行くほど大好き。だからこのタトゥーを彫ることは私にとって深い意味があるのよ。愛犬にも“ナゲット”と名付けるほど私はチキンが大好物で、周りの友人たちは私を鶏肉専門家と呼ぶぐらい。」

「タトゥー店で、このタトゥーを彫ってほしいって言ったら爆笑されたわ。唇の内側なんて痛そうに見えるけど、施術は2分ぐらいだったし、全く痛くなかった。最近は唇のタトゥーって人気みたいだし、『なら、私もやろうかな』って思ったのよ。家に帰って両親に見せたらフェイクと思ったみたい。今はまぁ、このタトゥーに両親も慣れたってとこかしら。私自身も全然後悔していないわ。」

周りの人に下唇を下げてタトゥーを見せるたびに驚かれ、その反応が楽しくてたまらないというタバサさん。このタトゥーを知ったKFC側から、無料で食事を提供するというオファーを受けることをタバサさんは期待しているようだ。

このニュースを知った人からは、「なんておバカな…」「そんなにファストフード食べても太っていない理由が知りたい」「無料にしてほしいからってここまでする!?」「KFC側だってこんな宣伝してもらわなくたっていいって思ってるかもな」「ロゴっていうより単なる文字じゃないか」といった声があがっている。

画像は『Metro 2019年2月4日付「Woman wants free KFC after getting the logo tattooed on her lip」(Picture: Caters News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)