元気そうな表情を見せるKEIKO

写真拡大

 2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中のglobeのボーカル・KEIKO(46才)が完全回復を果たしたという。その元気な姿をキャッチした──。

【スクープ/別写真】知人女性と笑顔で話すKEIKOの全身姿

《お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす》。1月14日、globeのボーカルで小室哲哉氏(60才)の妻・KEIKOが、およそ1年1か月ぶりにツイッターを更新した。さらにその10日後の1月24日には、《ジム行って来ました〜。筋トレやってまぁす!》とツイートしている。

 2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在は大分県にある実家で療養中のKEIKO。このツイートから伝わってくる回復ぶりは、昨年1月に夫・小室氏が涙で語った“献身介護”を要する状態からは、想像できないほどに劇的だ。ファンを歓喜させた「回復宣言」。それは同時に、夫に対するメッセージなのかもしれない。

 妻への献身的な介護に追われていたはずの小室氏に、不倫疑惑が持ち上がったのは昨年1月のことだった。

 小室氏が看護師のA子さんと数年来にわたって不倫関係にあると、『週刊文春』が報道。それを受けて会見を開いた小室氏は、A子さんとの男女関係を否定した上で、KEIKOが音楽に関心を持たないことや、「小学4年生の漢字ドリル」をやっていること、会話や集中力が続かないことなどを明かし、介護で心身ともに疲れ果てていると涙ながらに告白。さらには突然の引退を発表し、世間を驚かせた。

 この会見を境に、批判される立場だったはずの小室氏に同情論がわき上がり、不倫バッシングとは真逆の「文春砲バッシング」が始まった。

「“不倫への怒り”よりも、“介護で追い込まれた小室さんを責める方がおかしい”という声が大きくなり、“小室さんを引退に追いこむなんて許せない”というムードが一気に広がりました」(スポーツ紙記者)

 小室氏を擁護した誰もが、KEIKOの深刻な状態と、彼の献身的な介護を信じていた。しかし、その半年後の昨年7月、再び『週刊文春』は「桂子(KEIKOの本名)のサポートに疲れたと言っているが、彼は介護らしいことは何もしてない」など、KEIKOの親族の怒りの告白を掲載。さらにKEIKOは、すでに日常生活を自由に送れるほど回復していたと報じた。

 不倫騒動からちょうど1年。騒動の中でも沈黙を貫いてきたKEIKOが、ツイッターを再開した意味とは何なのか。彼女が療養する大分県で話を聞いた。

「実家でお母さんと一緒に暮らしていますが、本当に元気。だいぶ前から完全復活していますよ。小室さんは“音楽に関心がなくなった”なんて言っていましたけど、そんなこと全然ありません。よくカラオケにも行ってるみたい。毎日のように自転車であちこち出かけて、ひとりでスーパーに買い物だって行きます。“どうも、小学4年生のKEIKOです”って冗談を言うくらい明るくて元気。最近はジムでダンスを踊っています。この地元には彼女の応援団がいっぱいいます。“復帰が楽しみだね”なんてみんなで話しています」(近隣住民)

 そんな“サポーター”たちの応援があったからか、1月末、KEIKOは知人女性と共に大分空港から羽田空港へと飛び立つ機内にいた。

◆連絡を取る時は弁護士を介して

 明るめの茶色のロングヘア、黒いポンチョにダメージジーンズをはき、足元は高いチャンキーヒールの黒いロングブーツ。手には水色のバーキンを提げている。マスクはしていても、華やかな芸能人オーラを感じさせる。

「KEIKOさんにとって久しぶりの上京だったようです。東京では、知人女性たちと一緒に『再生医療』などの最先端の医療設備が整うクリニックに行ったり、ブランドショップをハシゴしたり。流行のスイーツを食べたとも聞きました。“爆買い”のようにいろいろと回ったようです」(KEIKOの知人)

 東京で目一杯羽を伸ばしたKEIKO。その後は、久しぶりに夫の小室氏と会って、回復ぶりを報告するのかと思いきや、向かったのは小室氏が住む家とは別の場所だった。

「かつてふたりの自宅だった場所はすでに他の人の手に渡っています。小室さんが昨年5月に引き払い、新たにマンションに引っ越しましたから。彼は夫婦生活を“再スタート”させると言っていたようですが、結局その新居にKEIKOさんが足を踏み入れたことはないようです。彼女が今回の上京で寝泊まりしていたのは、親族が持つ別のマンションです」(前出・知人)

 昨年1月の会見で、小室氏はKEIKOと「コミュニケーションが日に日にできなくなっている」と語り、「目を見て話し合いたい」と痛切な面持ちで語っていた。

「KEIKOさんは当然会話も不自由なくできますよ。でも、実際には会見直後からふたりは会うこともなければ、まともに話すらしていません。今では連絡を取る時は、お互いに弁護士を介しているようです」(別の知人)

 会見で小室氏が語っていた状況とは大きく様子が異なるようだ。

「小室さんはまだ“彼女”と続いているという話だそうで、KEIKOさんとしても早くキッパリと結論を出したいようですね。今回の上京で関係者と話し合いの場もあったようですし、もしかすると、小室さんとの問題になんらかの進展があったのかもしれません」(前出・別の知人)

 KEIKOに現状などについて尋ねると、「ごめんなさい。今、時間がないので」とハッキリとした口調で返してきた。その表情は明るく、もはや“介護”とは無縁の様子だった。

「KEIKOさんがようやく自分の言葉を発信し始めたことは大きな前進であり、大きな変化です。彼女がメディアで、自身のことや小室さんとの関係について語る日は、そう遠くはないかもしれません」(前出・知人)

※女性セブン2019年2月21日号