消費増税前に、国民食ともいえるカップラーメンに値上げの波が到来しました。詳細は以下から。

日清食品のプレスリリースによると、同社は2019年6月1日出荷分から各製品を値上げするそうです。
これは具材、包材などの原材料や資材価格が想定以上に高騰した上、製造労務費、物流費などが上昇する環境の中、自助努力だけではコスト増を吸収できない状況となったことを受けたもの。
対象商品は以下で、希望小売価格の4〜8%アップを想定。廉価版を含む主力製品すべてが値上がりすると考えたほうがいい内容です。
・即席袋麺
「チキンラーメン(レギュラー、Mini)」「出前一丁」「日清焼そば (レギュラー、大盛)」「日清ラ王」「日清のラーメン屋さん」「リフィル」「日清マグヌードル」「アンパンマン(4食入り)」 など
・即席カップ麺
「カップヌードル (レギュラー、ミニ、ビッグ)」「日清のどん兵衛 (レギュラー、ミニ、特盛)」「日清焼そばU.F.O.(レギュラー、プチ、大盛)」「チキンラーメンどんぶり(レギュラー、ミニ)」「出前一丁どんぶり」「日清焼そばカップ」「日清麺職人」「日清ラ王カップ」「日清ラ王タテカップ」「日清御膳」「日清ソース焼そば」「デカうま」「日清麺NIPPON」「ミニーズ」「日清焼すぱ」「日清のとんがらし麺」「日清の江戸そば」「日清の京うどん」「日清の担々麺」「日清の雲呑麺」「アンパンマン」など
・即席カップライス
「カレーメシ」「ぶっこみ飯」 など
なお、「お椀で食べる」「チキンラーメン 具付き3食パック」「あっさりおいしいカップヌードル」「行列のできる店のラーメン」など一部製品やカップスープについては価格を据え置くとのこと。
同業他社が追従する可能性や消費増税後にさらなる値上げの波が訪れる可能性が十分考えられるだけに、今後が気になるところです。
コメントを見る

【「カップヌードル」など一斉値上げへ、日清が2019年6月から】を全て見る