AKB48としてのラストシングルでセンターを務める指原莉乃 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 アイドルグループ・AKB48が4日、通算55枚目のシングル(タイトル未定、3月13日発売)の選抜メンバー22人を公式ブログで発表した。センターは4月28日に横浜スタジアムで卒業コンサートを行うHKT48指原莉乃に決定した。AKB48のシングルでセンターを務めるのは6作ぶり5回目。ファン投票を反映した総選挙選抜シングル以外では初となり、AKB48としてはラストのシングルで有終の美を飾る。

【写真】初選抜!ソロライブでファンを魅了したAKB48“新星”矢作萌夏

 指原は『AKB48選抜総選挙』で史上初の3連覇を含む最多4度の1位に輝き、32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」(13年8月)、41st「ハロウィン・ナイト」(15年8月)、45th「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」(16年8月)、49th「#好きなんだ」(17年8月)でセンターを務めてきた。

 選抜メンバーは指原のほか、AKB48の岡田奈々(STU48兼)、岡部麟、小栗有以、柏木由紀(NGT48兼)、坂口渚沙、下尾みう、高橋朱里、向井地美音、矢作萌夏、山内瑞葵、横山由依、SKE48の菅原茉椰、須田亜香里、松井珠理奈、NMB48の白間美瑠、吉田朱里、HKT48の田中美久、松岡はな、NGT48の荻野由佳、中井りか、STU48の瀧野由美子の22人。

 初選抜の矢作は、昨年1月の『第3回AKB48グループ ドラフト会議』の1巡目で3チーム競合の末、AKB48チームKに加入した新人。先月には『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』で2位に輝いたほか、TOKYO DOME CITY HALLでソロコンサートも行い、人気と歌唱力を兼ね備えた新星として期待されている。

 このほか、共通のカップリング曲として指原の卒業曲(タイトル未定)を収録。初回限定盤/通常盤Type-Bには春シングル恒例となったAKB48グループと乃木坂46、欅坂46の合同ユニット「坂道AKB」の新曲(タイトル未定)、同Type-Cには昨年12月にフジテレビ系で放送された『2018FNS歌謡祭 第2夜』でAKB48グループ、乃木坂46、欅坂46、IZ*ONEの各グループ6人ずつ計24人で結成したユニット「IZ4648」の「必然性」が収められる。