岐阜市の鷺山地区で住宅街の約250世帯が、およそ70年間まったく同じ住所になっていた。4日から住所が建物ごとの新しいものに変更され、案内板の除幕式が実施された。NHKニュースが報じた。

戦後の混乱が続く1950年ごろ、市が復興住宅を建てる際に建設や入居を急いだことから、同じ住所になったという。しかし、火事の通報の際に正確な場所を伝えにくかったり、郵便物が別の家に届けられたりする問題が続いていた。

周辺の130世帯と合わせて新たな地区として再編され、市は10日、地区の公民館に運転免許証などの住所変更の手続きができる場を設けて住民の負担を軽減することにしている。

「250世帯が全く同じ住所」が70年間… 新住所で解消(NHKニュース)