宇野常寛氏

写真拡大

評論家の宇野常寛氏(40)が、「カジサック」名義でユーチューバーとしても活動するお笑いコンビ、キングコング梶原雄太(38)からイベントで「失礼な絡み」をされたとし、怒りをあらわにした。

宇野氏は3日更新のツイッターで、「昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った」と出来事を報告。梶原はその場で「みんなが面白くなるためにした」と釈明していたそうだが、「彼の『みんな』に僕らはなぜか入らないようだった。お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた」と不快感をあらわにした。

続けて「こういうヤツがいるからイジメってなくならないんだなと痛感した」と宇野氏。「端的にせっかくテレビ的から離脱してネットにステージを移したはずなのに、やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました。彼には注目してたんですが、がっかりです」とつづった。

その後、宇野氏は、梶原から所属事務所などを通じて「芸人として当たり前のことをしただけだから特に謝罪しない」というコメントを受けたことを報告。「弱い人やマイノリティに石を投げて、自分を持ち上げるのが彼の考える『芸人として当たり前のこと』らしいです」と皮肉を込め、「カジサック、現場では慌てて(イイワケしながら)謝っていたくせに、大組織に守られると途端に態度がデカくなるんだと思った。本当ガッカリだな」「とりあえず二度と僕に近づかないで欲しいわ」と嫌悪感たっぷりにつづった。