経営者の視点から、仕事のAI化、ロボット化の行方について語る堀江貴文氏

写真拡大

 最新刊『僕たちはもう働かなくていい』の中で、自身の「AI(人工知能)論」を詳しく展開する堀江貴文氏は、アマゾンの実態などを踏まえ、人の仕事はドラスティックにAIやロボットに置き換えられると予測する。堀江氏が説く「AI時代の生き方」を紹介する短期集中連載の第2回では、経営者の視点から、仕事のAI化、ロボット化の行方を占う。

 * * *
 最近の詳しい状況について拙著『僕たちはもう働かなくていい』にまとめたが、身の回りの仕事や生活は、すでにAIやロボットによって大きな変化がもたらされている。私たちにいま問われているのは、「仕事が奪われる」とかいう次元の問題ではない。AIやロボットによってリデザインされる世界を、どう生きるかという話だ。

 間違いなく、いまある仕事の大半は、AIやロボットに奪われていく。日本企業は世界的に特殊な存在だが、基本的に企業は従業員の雇用を無駄に守ろうとはしない。例えば、アマゾンについては以下の状況が伝えられている。

《アマゾンの倉庫内部の写真が世間にあまり出回っていないのに気づいた人はいないだろうか。それはなぜなのか。あまりにも衝撃的で、不安をかきたてる光景だからだ。安全が守られていないとか? 従業員を酷使しているとか? どちらも違う。不安をかきたてるのは、従業員を酷使するどころか、従業員がいないことなのだ。ジェフ・ベゾスのビジョンには、人間のための仕事はないのだ。》(『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』スコット・ギャロウェイ/著、渡会圭子/訳、東洋経済新報社)

 同書には、ほかにも、《おそらく私たちの社会は、中産階級を維持する方法を見つけなければならないという重荷を背負うことをやめてしまったのだ。》との分析がなされている。  明察だろう。AIやロボットのデザインする社会における、「GAFA」(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の偽らざる態度の本質を鋭く突いた言説だ。

 フェイスブックとグーグルはメディアを、アップルは通話・通信を支配した。アマゾンは小売業界の支配に事実上、成功している。この快進撃を支えたのは、AI技術を中心とするテクノロジーだ。

 多くの労働者の雇用創出ではなく、人々にとって何が求められていて、何を的確に与えられるのかを考え抜き、テクノロジーを駆使したサービスの最適化を推進してきた。そのビジネス戦略において、人員の省力化が進められるのは、まったくもって筋が通っている。

 グローバル企業の側としては、ロボットが代わりにやってくれる仕事を、順序よく置き換えているだけだ。人の労働者がまだいるにはいるけれど、それは賃金が安いからだ。経営者の立場から見てロボットの方が安く導入できるのなら、躊躇なく取り変える。それをしなければ、経営者失格だ。まったく不合理はない。

◆ノーベル賞をAIが受賞する日がやってくる

 日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの共同調査によると、人が現在、携わっている約2000種類の仕事のうち、3割は「AIロボット」への置き換えが可能だと判明したという。日本に限定すると、製造・建設・運搬など従事者の多い仕事のうち、5割強の業務を、ロボットによって自動化できることも明らかになっている。

 ホワイトカラーも安泰ではない。金融機関でも自動化の波は押し寄せていて、事務職ではファイル作成など6割以上の仕事をロボットに代替できる。2000年、米ゴールドマン・サックスでは600人いたトレーダーが株式売買の自動化システムに置き換わり、現在では数人がオフィスに残っているだけだという。

 株式売買の業務における複雑な数学的判断は、AIのディープラーニングのお得意の領域で、人間の頭脳が敵うはずがない。世界的投資家のジム・ロジャーズも「AIが進化すれば、証券ブローカーなど株式売買に関わるプロは消える」と断言していた。

 投資だけでなく、専門性の高い分野にも、AIロボットの進出は進んでいる。近い将来、一部の有能な医師が、世界中の患者の診断・手術を、遠隔ロボットを介して手がけることが予測されている。そしてヤブ医者は、きれいさっぱり消え去る。

 世界的なロボット工学者の石黒浩・大阪大学教授は、「膨大な試薬のデータ分析が必要な製薬業は、人間の研究者よりもAIの方が優れている。そのうちAIが、ノーベル生理学・医学賞を受賞するだろう」と予言している。私も同じ意見である。

※堀江貴文・著/『僕たちはもう働かなくていい』より