大島吾郎(高橋一生)、千明(永作博美)

写真拡大

高橋一生と永作博美が夫婦役で共演する土曜ドラマ『みかづき』(NHK総合、毎週土曜21:00〜)。2月2日は、第2話「我が家は学習塾」が放送される。

2017年に「本屋大賞」の第2位を受賞した森絵都の同名小説をドラマ化。昭和から平成に至る塾と日本社会の変遷を背景に、天才的講師・大島吾郎(高橋)とカリスマ的経営者・千明(永作)の出会いが生んだある塾と家族の歴史を描く。高橋と永作が、吾郎と千明、それぞれの登場人物の50年間を演じきる。

昭和39年、吾郎と千明が始めた塾の経営は軌道に乗る一方、塾批判も広がり始め、長女・蕗子(鎌田英怜奈)がいじめにあう。そんな中、大手塾の進出に危機感を抱く千明は、生き残りのため個人塾同士の合併による経営拡大を目指していた。

合併相手の勝見(勝矢)と意気投合した吾郎だが、塾経営拡大には反対だと千明に告げ、2人の考えの違いも明らかになる。そこに蕗子が姿を消すという事件が起き……。