ロシア国民の反発強まる 色丹島の最新映像で見えた北方領土交渉の現状

ざっくり言うと

  • 2018年の色丹島での映像には、ロシア企業が経営する水産加工場が映っている
  • 約350人が働いており、作業監督者の月収はロシア全土の平均の倍以上という
  • 島民は政府から優遇されており、北方領土引き渡しには反対派が多いそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング