IKE公式インスタグラムより https://www.instagram.com/i_k_e_spyair/

写真拡大

 人気ロックバンド・SPYAIRのボーカルのIKEがインスタグラムにアップしたある画像がネット上で騒動になっている。

 事の発端となったのは、IKEが27日に「地図」とコメントし、投稿したあるポスト。そこには日本を中心に写された英字の地図の写真が投稿されており、日本海の場所には「SEA OF JAPAN」とつづられていた。

 しかし、これについて韓国のネットユーザーがSNS上で「東海のところに日本海って書いてある!」「こんな地図アップするなんてSPYAIRは右翼だね」「好きだったのに右翼だったんだ。うんざり」といった批判の声が殺到。日本海の名称をめぐっては、韓国側が「東海」(トンヘ)という呼称にすべきと主張していることもあり、韓国人ファンの間で炎上してしまう事態に発展。当該ポストは削除された。

 IKEはその後、28日になりストーリーズを更新し、「韓国のファンの皆様へ」とし、「写真はドイツのホテルで見た世界地図を私が撮影したものでした」と釈明。「韓国の皆さまに大変不快な思いをさせた事お詫び致します。私の無知です。申し訳ありませんでした」と謝罪した。さらに、IKEは同日に投稿したポストの中でも韓国語で経緯の説明と謝罪をしていた。

 これに対し、ポストには韓国のファンからは「影響力のあるアーティストが歴史を無視するのはやめてください」「本当に無知ですね…歴史くらい知っておいてください」という声が集まっていたものの、日本のファンからは「日本で活動してるバンドマンが地図載せただけで謝罪求めるとか何なの?」「ドイツにあった地図投稿してなんでIKEが謝らなきゃいけないの?」「日本で日本海っていうのは当たり前だし、そもそも地図はドイツにあるものなんですけど…」といった騒動に対する呆れ声や、「国連でも日本海は使われてるし、何の問題もない」「謝罪するとこっちが悪くなるから謝罪なんてするべきじゃなかった」といった指摘が集まっていた。

 韓国でも人気が高いだけに、今回の騒動につながってしまった模様。謝罪をしたこと自体に納得のいかない日本のファンも少なくないようだ。

記事内の引用について
IKE公式インスタグラムより https://www.instagram.com/i_k_e_spyair/