ビル・ゲイツも実践している瞑想本で、ストレスで疲れた心をととのえよう!「からっぽ! 10分間瞑想が忙しいココロを楽にする」

写真拡大 (全2枚)

辰巳出版が翻訳発行する「からっぽ! 10分間瞑想が忙しいココロを楽にする」の原書が、“ビル・ゲイツが選んだ2018年の年間ベスト本”にリストアップされている。読み物として楽しめるほか、日常生活で、いつでも・どこでも・簡単に「10分間瞑想」ができる実用書としても人気が高い一冊だ。

「からっぽ! 10分間瞑想が忙しいココロを楽にする」の英題は、「The Headspace Guide to Meditation and Mindfulness」。著者のアンディ・プディコムは、元仏僧であり、イギリスの“臨床瞑想コンサルタント”として、個人および企業でクライアントに対して「瞑想」のトレーニングを指導している。ビル・ゲイツやその家族からも、瞑想エクササイズの依頼を受けている人物だ。

翻訳本が日本で出版されたのは、今から7年前。当時の原題から大幅にタイトルが変更されており、一報を知った編集部内でも確信が持てず、イギリスの出版社に確認した結果 、本書で間違いないことがわかった。読者からも「原題と翻訳本のタイトルが違いすぎて、たどりつけない」との声が寄せられているようだ。

本書は瞑想やマインドフルネスがブームとなる前に発売されているが、ビル・ゲイツの絶賛をうけ、韓国、台湾、ベトナムでライセンスが決定されるなど、改めて注目されている。ビル・ゲイツの推薦通り、瞑想やマインドフルネスの入門書として最適な一冊だ。

■辰巳出版株式会社

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・和の食材と洋菓子のアイデアを融合した「ホワイトデー スイーツ コレクション 2019」
・いよいよ今週末に開催!「闘会議2019」見どころ満載の各ブース情報
・1月24日は牛肉の日!吉野家では牛丼並のアタマが120%増し!
・ポケモンラインナップは151種類!Original Stitchからオリジナルプリント生地使用の「ポケモンシャツ」
・スパイダーマンのリアルな振動、衝撃が体験できる新感覚ムービーアトラクションが渋谷に登場