ストレッチをする長友(撮影・小海途 良幹)

写真拡大

 ◇アジア杯準決勝 日本−イラン(2019年1月28日 UAE・アルアイン)

 DF長友は強豪イランとの試合を「動物で言うと“ライオンと虎”みたいな、どっちが勝つか分からないようなレベルの試合になるんじゃないか」と予想した。

 決勝トーナメントの前に「ワクワクを超えたホクホク」と表現した心境も、しびれる大一番を前に変化したもよう。「今まで戦ってきたアジアのチームの中では1つも2つもレベルが上がるようなチームですよ。ホクホクというか、ガリガリしてますよ。いい感じの緊張感ということです」と独特の表現で語った。