ダウンタウン・松本人志 (c)Getty Images

写真拡大

 ダウンタウン松本人志が、27日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、若手時代に名作映画のオーディションを受けたことを明かした。

 この日、ゲストで来たいとうあさこが、芸人になる前に「劇団四季」のオーディションを受け、最初の書類選考で通過したことを回顧。なぜ自分が通ったのか分からない中、結局は実技審査で落ちたと語った。

 東野幸治からオーディション経験を聞かれた松本は、「昔、映画のオーディションに行かされたことがあった」と言及。それはこの世界に入りたての18歳か19歳の頃だったとし、さらに配役は、田原俊彦の弟分的な役だったと明かした。

 周りが驚く中、松本は「あれやわ、瀬戸内少年野球団の……」と思い出したように語り、オーディションで「トシちゃんのこと、どう思いますか?」と聞かれたという。だがその際、「沢尻(エリカ)ばりの『別に……』って言ったんですよ」と返したことを明かし、結局不合格だったと振り返っていた。

 1984年、夏目雅子さん主演で公開された映画『瀬戸内少年野球団』。敗戦直後の淡路島を舞台に、野球を通して子どもに民主主義を学ばせようとする女教師の奮闘を描き、ヒットした。田原は1987年、その続編となる『瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園』で主演している。