ネットフリックスオリジナル作品が創業以来、初めてオスカーに食い込んだ(写真:Gabby Jones / Bloomberg via Getty Images)

Netflix(ネットフリックス)が、ついに野望を果たそうとしている。1月22日(現地時間)、今年度のアカデミー賞にネットフリックスオリジナル作品『ROMA/ローマ』(2018年)が、作品部門を含む最多10部門で候補入りしたのだ。同社がオスカー作品部門に食い込むのは創業以来、初めてのことである。

「アカデミー賞」はネットフリックスの長年の夢

ここ数年、オリジナル映画製作に取り組んできたネットフリックスはオスカーキャンペーンにも非常に力を入れてきた。オスカーの資格を得るためには、12月31日までに最低1週間、アメリカ国内のどこかで劇場公開されなければならない。

そのため『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015年)や『マッドバウンド 哀しき友情』(2017年)、アンジェリーナ・ジョリーが監督したクメール語の『最初に父が殺された』(2017年)など、ネットフリックスが賞狙いと位置づけた作品は大都市のごく限られた数の映画館でストリーミング開始と同時に上映されている。その中で『マッドバウンド』だけは助演女優部門などで候補入りしたが、結局、受賞には至らなかった。

そこで、彼らはもう一歩踏み込んだ。『ゼロ・グラビティ』(2013年)などを代表作に持つ人気監督のアルフォンソ・キュアロンの『ROMA』をはじめとする数本の作品に限り、ストリーミングに先立って1週間から3週間ほど劇場公開のみの期間を設けることにしたのだ。それも、アワードシーズンがちょうど盛り上がる頃。ホリデーシーズンの真っ最中でもある11月後半から12月上旬という時期だ。そこには「ストリーミングで見る作品」というイメージが薄れ、シリアス度が増すだろうというもくろみがある。

もちろん、マーケティングの追い打ちもすごい。もともとふんだんに宣伝費をかけるネットフリックスだが、とくに『ROMA』に関しては、新聞広告が毎日のように出れば、看板は街中いたるところで見て、力の入れようは早くから尋常でなかった。NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の試合中継など、最も費用がかかる番組内でCMも放映されていた。

その効果と、何よりもヴェネツィア映画祭で最高賞まで取った作品自体のすばらしさによって、今作は、ゴールデン・グローブで外国映画部門と監督部門をダブル受賞した。

本命のオスカーでも、外国語部門受賞は(『万引き家族』には残念だが)ほぼ確実だ。作品と監督部門も、かなり有力。ほかには、脚本、撮影、主演女優、助演女優、美術、音響編集、音響調整の部門で候補入りしている。

劇場主との対立深めるネットフリックス

しかし、こうしたネットフリックスの新たな戦略と成功は、海外の劇場主との対立をますます深めている。

ネットフリックスが展開する「ストリーミング配信」とはそもそも、家にいながらテレビやPC、タブレットで見るものだ。自社作品を映画祭に出したり、賞を狙うための言い訳程度に劇場同時公開したりするネットフリックスは、観客に「外に行かなくても家で十分映画館級の作品を見られますよ」と言っているようなもの。つまり、映画館にとって商売敵と言ってもおかしくない。そうでなくても近年、興行主は、観客動員数が伸びないことに頭を悩ませているのだ。

今年、カンヌ映画祭ではフランスの興行主の抗議がきっかけとなってネットフリックス作品は上映されなかったし、『ROMA』が最高賞である金獅子賞を受賞したヴェネツィア映画祭でも、イタリアの劇場主から不満の声が上がった。アメリカでも『ビースト・オブ・ノー・ネーション』でネットフリックスがストリーミングと劇場同時公開に挑んだ2015年から、劇場主の怒りの声は絶えない。

当然のことながら、ごく一握りを除く劇場は、ネットフリックス映画をボイコットしてきている。今回『ROMA』が3週間ほど劇場のみで先に公開したことは、さらに興行主の恐怖を駆り立てることになった。

劇場公開からDVDリリースまで、どれだけの期間を置くのかという問題は近年、スタジオと興行主の間で頻繁に論議されている問題である。現在のところは劇場公開日から3カ月は空けるというのが一応のルールだ。なのに、ネットフリックスは突然やってきては「3週間」という新たな前例を作ってしまったのである。

スタジオだって、ピークを過ぎた映画はとっととパッケージ化や、有料配信して、お金を稼ぎたい。しかし、「ちょっと待てば家で安く見られる」というのが常識になるのを恐れる興行主が、それを阻止する。

スタジオにとって興行主は自分たちの映画をかけてくれるパートナーなので、そちらの言い分も聞いてあげなければいけない。そういう関係が成り立っているのに、しがらみがないネットフリックスが勝手にそれをぶち壊そうとしていると、興行主は見ているのだ。

さらなる抗議の姿勢を示すべく、オスカーノミネーション発表直後、アメリカの大手シネコンのAMCとリーガル・シネマは、毎年2月に行う作品部門候補作の特別上映イベントで、『ROMA』だけを除外すると発表した。

腹を立てているのはメキシコの劇場主も同じ。『ROMA』はメキシコシティーを舞台にしたメキシコ人監督の映画で、オスカー外国語部門にもメキシコ代表として提出されているのに、メキシコ最大の映画館チェーンがボイコットしたため、メキシコでは全国で40館ほどでしか公開されないことになった。そのことについて、キュアロンは、不満の意をあらわにしている。

ネットフリックスの功績は大きい

それは映画好きにとっても残念なことだ。『ROMA』は、まさに映画館向けの作品なのである。1970年代のメキシコシティーの普通の人たちの日常を描いていく今作は、モノクロの字幕映画であるうえ、焦ることなく、ゆっくりとしたペースで展開するので、家のカウチでなんとなく見ていたら、途中で気が散ってしまったり、おしゃべりをしたりしてしまうかもしれない。だが、映画館で2時間、黙って座って見れば、その映像の美しさと詩的なストーリーの語られ方に強く胸を打たれるはずである。

そもそもキュアロンは、これをネットフリックスの映画として作ってはいない。今作は、eBayの初代社長ジェフ・スコールが創設した、社会的に意義のある映画を作ることを目的とするパーティシパント・メディアが1500万ドルを出資して製作されたインディーズ映画。しかし、配給会社はどこも採算が合わないと判断して寄り付かず、ネットフリックスが買ったのだ。劇場配給が付かず、ストリーミングの会社に買われたというのは、少し前の常識で考えるなら、がっかりの結末だった。

それでも筆者は、ネットフリックスは「映画業界の敵」とは思わない。もし『ROMA』を小さな配給会社が買っていたら、宣伝費もあまりかけられず、全米数都市でちまちまとかけられる程度だったはずだ。とはいえキュアロンのブランド力もあるし、オスカーに外国映画部門に食い込む可能性は十分あっただろう。しかし今、ネットフリックスがやっているような、まさに嵐のようなマーケティングなくして、オスカー作品部門にしかも最多部門でということはありえただろうか。

何より作り手たちが望むのは、多くの人に見てもらうこと。従来の配給システムでは、話題になった映画も地方の田舎町に住む人は見ることができない。ネットフリックスは、そうでなければ映画館でかかることのなかった映画を救い、ちゃんと映画館でかけてみせた。その映画をより多くの観客に届け、その良さを発見してもらうことをしてみせた。そう考えると、彼らは本当に映画界の敵なのだろうか。

そう思わない監督は、多くいる。昨年はポール・グリーングラスやコーエン兄弟もネットフリックスで作品を公開したし、今年はマーティン・スコセッシが監督した『The Irishman』が控えているのだ。88歳のクリント・イーストウッドですら、ネットフリックスなどストリーミングと組むことを「絶対にやらないとは言わない」と言っている。

映画産業は大きく変わりつつあり、巨匠たちの目もそちらに向いている。その流れは、もはや止められない。