「もう一人のスティーブ」が語る、アップルとジョブズへの素直な思い

写真拡大 (全6枚)

アップルは2人のスティーブが創った。それはよく知られた話だが、強烈な個性を放ちCEOとして常に脚光を浴び続けたジョブズに比べ、もう一人の温厚なスティーブが人前に出ることは少なかった。

しかし世界中のコンピューター・エンジニアが憧憬したのはスティーブ・ウォズニアックだった。世界初のパーソナルコンピューターであるApple IおよびApple IIを独力で設計し、「ウォズの魔法使い」と称えられた天才エンジニアである。

ジョブズは稀代のカリスマであり、セールスマンであり、イノベーターであった。世に新しいニーズを創出するジョブズがいたからこそ、ウォズニアックは世界最高のエンジニアになれた。一方で、コンピューターの革命家ウォズニアックがいたからこそ、ジョブズは世界一の経営者となったのだ。そのどちらも、間違いないだろう。

そんなウォズニアックが2018年12月5日、国内最大のコワーキングスペース企業fabbitが開催するイベント「fabbit  Conference」に登壇。東京会場及び全国のサテライト会場で参加した2500人を超える日本のアントレプレナーに向けて、メッセージを送った。

アップル立ち上げの経緯からジョブズへの複雑な思い、そして日本へのメッセージ。「もう一人のスティーブ」と言われ続けた彼は何を感じながら、時代を駆け抜けたのか?

トラスト・キャピタル代表取締役社長の藤井ダニエル一範氏と、ボードウォーク・キャピタル代表取締役社長の那珂通雅氏がモデレーターとなり、スティーブ・ウォズニアックに行った公開インタビューをレポートする。

「紙にチップの回路を描いて、コンピューターを設計していた」



藤井:まず、ジョブズに会うまのでことを教えてください。

ウォズニアック:私は幼い頃からコンピュータが大好きで、いつかは自分自身のコンピュータをもちたいと夢見ていました。私が学生の頃、電子レンジくらいの大きさのミニコンピューターは家と同じくらいの値段だったんです。

それでも私は、いつかプログラムを書けるコンピュータを持ちたいと願っていました。家くらいの値段なら、アパートに住めばいいですから。

高校時代、私は紙の上でコンピュータをデザインしていました。チップを買えなかったので、紙にチップをどうやって配置するのか書いた。それを知り合いの会社の上層部が買ってくれて、スイッチやライトを組み立てていたんです。

そんなことをしているうちに、友人が「きっと趣味が合うよ」と紹介してくれたのがスティーブ・ジョブズです。彼にコンピューターの設計図を見せた後は仲良くなり、たくさんの会話をしました。将来のことや宗教、音楽やどこに住むべきか……。

藤井:その後、ジョブズとともにアップルを創設したんですよね。

ウォズニアック:はい。とはいえ、大学を卒業した私は、一度はヒューレット・パッカード(hp)に就職しました。けど、ずっと社外で自分のプロジェクトを続けていました。昼は仕事、夜は自分のプロジェクトというように。ほかに同僚と映画やコメディを観ることも多かったですね。何をするにせよ、楽しくないと全くやる気にならないんです。生産性以外の行動もとても大切ですよ。

ジョブズは私がつくったコンピュータを売ってお金にしてくれました。彼は本当にフリーライフな人で、ビジネスやアカデミックのバックグラウンドは全然なかった。それでもコンピュータを収益化してくれる、非常に有能なセールスマンでした。

また、2週に一度、スタンフォードの教授なども参加するコンピュータのクラブに参加しましたね。ここではどうすればより良いコミュニケーションや教育ができるのか、どのように個人がプログラムを作成できるのかなどを話していた。

クラブで自作のコンピュータを見せたこともありました。たしかアップル 気慮況燭砲覆辰織皀妊襪癲△修里劼箸弔任后B腓なパネルにスイッチとライト、数字が付いています。ちなみに、よく世間では「ジョブズもこのクラブに参加していた」といわれていますが、それは正確ではありません。私がジョブズをクラブに連れてきたんです。特にジョブズが来るまでは、私がクラブのヒーローでした。



「商売とは、人に押し付けるのではなく、人を惹きつけるべきだ」

那珂:その後、あなたたちはApple I、Apple IIを世に出すことになります。

ウォズニアック:オリジナルのコンピュータのアイデアをhpに提案したが、却下されました。そこでジョブズと一緒にアップル社を立ち上げたんです。最初の頃はhpでの労働も続け、さらによその製品をガレージで改良・販売してお金を貯めていました。

それが変わったのは、1976年にApple 気鮟个靴討らですね。これである程度のまとまったお金が入り、77年のApple 兇蓮10年も会社の収支を支え続けるほどの大ヒット商品になりました。そこから先は、皆さんが知っているような会社になりましたね。

ちなみにメディアに出ていたのは、全てマーケティング担当だったジョブズです。私はR&Dの担当です。経営に関することはみんなが足を引っ張り合うので、本当に苦手なんですよ。

那珂:なぜApple 兇和腑劵奪箸靴燭里任靴腓Δ?

ウォズニアック:メインフレーム(大型コンピュータ)よりも仕事に使えるパーソナルコンピュータだからですね。表計算ソフト(VisiCalc)を標準で使える唯一のコンピュータでしたから。また、拡張メモリがたくさんついていますよ。カードを追加することで、より便利にできます。

那珂:Apple 兇離劵奪箸髻△匹里茲Δ亡兇犬泙靴燭?

ウォズニアック:もちろん、大きな可能性を感じました。アップルはきっと大きな企業になる、とね。

この頃にはジョブズは資金調達が重要だと気づいており、色々なネットワークを駆使していました。投資家もかなりつくようになりました。もちろん、その後数年で何十億ドル規模の企業になるなんて、当時は想像できませんでしたが(笑)。

また、この頃エンジェル投資家からhpを辞めるよう勧められました。私は一生hpのエンジニアとして働くつもりでしたし、それを愛していました。

ですが、ジョブズはアップルのエンジニアになれば政治的なことやPRをせず、ずっと研究所にいてもいいと言ってくれました。それで、私はアップルのエンジニアになる決断をしたんです。

「ジョブズはいつも、誰かに評価されようとしていた」

藤井:アップルはその後どうなりましたか?

ウォズニアック:ジョブズは閉鎖的な考え方をしたんです。当時は、表計算ソフトを使えるApple 兇鮖箸辰討い織咼献優好泪鵑さらにソフトウェアや、メモリを大きくするためのカードも買ってくれていました。Apple 兇呂気蕕乏板イ垢襪海箸できたのに、ジョブズはそれを受け入れなかったんです。

それで1980年にApple 靴鯣売しました。しかし、これは問題だらけでした。まず、Apple 兇砲呂燭さん入っていたソフトウェアが、 Apple 靴砲脇っていませんでした。ソフトウェアもないのにどうやって売るのでしょうか。

Apple 兇慮澳浩はありましたが、それもかなり限られていました。Apple 靴謀觝椶気譴織┘潺絅譟璽轡腑鶺’修呂なり制限されていた。つまり意図的にApple 兇竜’修鯡妓にして、強制的にApple 靴竜’修鮖箸錣擦茲Δ箸靴燭鵑任后

このやり方はよくない。人々に新しいものを使わせたいのなら、押し付けるのではなく惹きつけるべきでしょう。だから、Apple 靴麓最圓靴燭鵑任后



ジョブズは重大な人物になろうとしていた。自分こそが創業者であると、人々に意識してほしかったんじゃないかな。

藤井:その後、有名なMacintoshが発売されますよね。

ウォズニアック:ジョブズはOSのことをわかっていなかった。彼はもっとコンピュータを安くできると考えていたが、マシンの作り方を全く把握していませんでした。私たちは2万ドルのコンピュータをつくりましたが、ジョブズはそれでは高すぎると言ってデザイナーをバカにしました。しかし、決して彼らのせいではありません。

ウォズニアック:そして、ジョブズは私が何人かと一緒にやっていたMacintoshのプロジェクトを引き継ぎ、1984年に軽量で低価格なマシンとして販売しました。

ジョブズは、Macintoshはオペレーションとして全く新しいアプローチなので、Apple 兇汎韻犬らい売れると思っていました。しかし、会計ソフトがないためビジネスマンに売れず、失敗しました。かなり売上も下がりました。反省しました。

私たちは会社を救うために何をすべきか考えていましたが、ジョブズは自分のこと、Macintoshの損失をどうやって埋めるかしか考えていなかった。私たちはさらにMacintosh を売るよう努力しましたが、それでも売り上げは下がりました。

その責任としてジョブズは会社を去ることになります。初めは、代わりに当時のCEOをクビにしようと言っていました。でも、投票でジョブズが破れた。それで彼は会社を辞めたんです。

「私たちは性格も考え方も違ったが、ずっと友達だった」

藤井:ジョブズが会社を去ったことをどう思いましたか?

ウォズニアック:忠誠心がないと思いました。新しい会社を作って自分が作った会社と競合するのかと思いました。彼は人生の目標がコンピュータをつくることで、それはアップルでできないと思ったわけです。

でも、私たちはずっと友達でしたよ。性格は違ったし、誤解や行き違いもありましたが、それでも仲は良かった。彼のことを尊敬しています。



藤井:その後、ジョブズはまたアップルに戻ってきます。このころの彼はどうでしたか。

ウォズニアック:人というのは、18歳から23歳の間に人格が形成されてからは、大きく性格が変わることはありません。ですが、ジョブズは少し変わっていた。冗談やイタズラをやらなくなり、いくらか真剣になっていました。彼はいつもシリアスで、アップルの顔として見られたがっていた。

常にビジネスのことを考え、アップルを創立した頃のように楽しい話をしなくなりました。いつも誰かに評価されようとしていたジョブズは、正直言って周囲の人に失礼でした。彼の話を聞きはしますが、いつも話していたいという人物ではなかった。

なるべく良い人としか付き合いたくないというのが、私の人生哲学です。でも、彼が亡くなる直前にはよく話すようになっていましたね。

とはいえ、新しいプロダクトの機能やカラーについての彼のアイデアは、良かったですね。例えば、アップルのロゴにある6つの虹色は、とてもロジカルな色彩です。あれはジョブズが色の順番をちょっとだけ変えている。下の方に濃い色を入れて、一番上に葉っぱを入れたんです。こう聞くと大したことではないと思うかもしれませんが、これは非常に重要なことです。

那珂:デザインセンスが、ジョブズの果たした大きな貢献だったということですか?

ウォズニアック:アップルはデジタル回路設計やチップから始まった、完全にエンジニアリング主体の製品でした。でも、ジョブズはエンジニアリングのことについては詳しくなかった。

しかし、マーケティングに強かったため、どうすれば見栄えが良くなるのかを分かっていました。テクノロジーと美意識は、いまでもアップル番重要な部分だと言われていますね。

藤井:あなたは2度、アップルを離れていますよね。

ウォズニアック:はい。でも、実はいまでも毎月給与をもらっている唯一の人物ですよ。まず1度目は、Apple 兇発売して10年後くらいでした。

その後、シニアエンジニアとして、コンピューターデザインを担当しした。たくさんの良いアイデアを出して、いくつかの製品を開発しました。ですが、その後また会社を去りました。しかし、本当にクビになっていないんです。いまだにお給料は出ています。

「革新」とはライフスタイルを変えること

那珂:アップルはとても大きな会社になりました。一方で、ジョブズが亡くなってからはクリエイティブがなくなったと言われることもあります。

ウォズニアック:そんなことはないでしょう。ティム・クックがいますよ。

しかし、そもそも革新とは何なのでしょうか? 私にとって本当の革新とは、人生の中で起こることです。

2007年には社名を「アップルコンピュータ」から「アップル」に変え、この会社はライフスタイルの会社になりました。飛行機やレストランの予約、車の手配などiPhoneのアプルでたくさんのことをできるようになりました。私は30以上のアプリを使っています。

アップルが生み出した発明に、touch IDや指紋認証があります。ライフスタイルを変えているのはこういうものです。指紋の利用は革新的なことです。

例えば、Apple pay。決済だけならAndroidでもできますが、アンロックコードを入力して、アプリケーションを見つけて、クレジットカードを選択して、ピンナンバーを入れてタップして決済……というのはあまりに面倒です。iPhoneのホーム画面を開かなくても、指で本人認証するだけですぐに決済できる。こういうものを革新というのではないでしょうか。



藤井:最後に日本の若者、あるいは起業家にアドバイスをお願いします。日本が革新的になるためには、どうすればいいでしょうか。

ウォズニアック:デジタル技術は昔に比べて世界に広がり、かなり安定化しました。これからの問題は、それをどうやってプロダクトに落とし込むかでしょうね。

若い人にアドバイスしたいのは、自分の好きな道に進んでほしいということです。特に高校生や大学生はルールばかりに従わず、クリエイティブになってください。新しい映画をつくるとかね。それはきっと、世界を変革する種になります。

そして、そのために大切なのは正直であること。例えば、自分のアイデアと他人のアイデアを比較できれば、より良いものがつくれます。自分のアイデアがベストなら、スタートアップを立ち上げてもいいかもしれません。それはきっと1人ではできない。でも、3人いれば可能かもしれません。

起業する人にアドバイスするとすれば……ビジネスセンスは大事ですね。必ず数字をみてください。どんなものが使いやすく、どんなものが使いにくいか……。例えば、僕は日本の商品はボタンが多すぎて複雑だと思っていました。自分自身が使いたいものをつくってください。私にとってのコンピュータがまさにそれです。

ジョブズもそう。彼はシンプルなものをつくったのは、自分のライフスタイルに必要だったからです。これがベストマーケティングです。

あとは、優秀なエンジニアをチームに入れてください。学者ではなくものをつくれる人、つくることが好きでたまらない人です。そういう人が、既存の常識を排除してくれますから。