あなたは覚えておいでだろうか?

英語の授業でアルファベットの「X」の書き方を習った時のことを。

というのも、たった2画の「X」の書き順をめぐりTwitterで様々な意見が飛び交っている。

アルファベット「X」の書き方

きっかけとなったツイートがこちら。

Xの書き順が興味深い。

色のついた方から書き始めるんですって。

説明にあるとおり、色付きの線から矢印の方向に書くのだが、全部で8パターンの書き順が示されている。

さて、どれが正解でしょうか?というわけだがいかがだろう。

書き順は国によってマチマチだった

意外にも書き順は世界共通なわけではなく、アメリカでは7か8、一方イギリスでは5また6の書き順で習うのではないかということだ。

ちなみに日本では、双方の線とも上から書き、なおかつ左側の線から書き始める「7」が正しいとされている。

実際、Xの書き方は本当に人それぞれだった。

私は7ですね

6じゃなかったら友達やめる

8こそ正解でしょ

中には、既存のパターンに異を唱える者まであらわれた。

このように同ツイートには6万3000人が「いいね」し、リツイートされた件数も1万5000件を超えて大いに話題となっている。