佳つ乃

写真拡大

 郷ひろみ、奥田瑛二らをはじめ、流した浮き名は数知れず。「伝説の芸妓」と言われる佳つ乃(54)が、ついに結婚したという。そのお相手は、誰もが知る有名企業の御曹司。熟年カップルの行く末は如何に――。

【伝説の芸妓】色気ある「佳つ乃」

 佳つ乃が、自身のブログで、結婚の事実を初めて明かしたのは、昨年12月12日のこと。

〈今迄、男性に頼らずに1人で頑張って来ましたが、お互いに心から信頼し支え合える生涯のパートナーに出会えて幸せどす〉との書き込みをアップした。さらに、18日には、〈内(うち)の人は今年の12月で離婚して、丸3年が経ちます。私が原因で無い事は離婚時に、弁護士の先生が入っておられるので明白な事実です〉と、パートナーの離婚歴にも触れている。

佳つ乃

 しかし、ブログにはパートナーの顔写真まで載せているのに、肝心の名前などは公にしていないのだ。

「佳つ乃のお相手は、山内克仁さんという方。京都を代表する企業である任天堂の創業家の御曹司です」

 とは、京都財界の事情通である。

「父親の山内溥(ひろし)元社長は、ファミコンを大ヒットさせ、任天堂を花札、トランプ製造会社から一大ゲームメーカーへと急成長させました。克仁さんは現在59歳。専修大学を出てから、任天堂に入社し、広告畑を歩んできた。父親は2013年に亡くなるのですが、そのときに莫大な遺産を相続したのです」

 山内溥元社長は、任天堂の筆頭株主で約1417万株を所有。当時の株価で、約1950億円分に上った。

「長男である克仁さんは、そのうちの約430万株を手にし、残りは2人の姉と弟で分けました。16年に、克仁さんは任天堂をやめていますが、悠々自適な生活が送れるだけの財産を持っているわけです」(同)

籍は入れず

 一方、佳つ乃と言えば、15歳から祇園入りし、財界、芸能界などの上客を贔屓に持つ「名妓」。「都をどり」のトリも2回務めた。一方、プライベートでは、1993年に、未婚の母として息子をもうけている。

 2012年、芸妓を引退。

 しかし、その2年後、拠点を祇園から銀座に移し、鳴り物入りで会員制クラブ「佳つ乃」をオープンさせた。ところが、わずか1年8カ月で店を畳むことに。高齢の母親の面倒を見るためだったという。

 水商売から足を洗ったところで、結婚を明かしたのである。

 佳つ乃に聞くと、

「まず、私たちは籍は入れていません。お互いに子どももいますし、私の母は高齢でずっと一人にしておけず、また、お墓のこともあって、いまさら、結婚する意味がないからです。後々は、年も取りますので、一緒に暮らす予定です。いまは家も近く、車で10分弱の距離ですので、行ったり来たりしています」

 その距離感が、仲の良い秘訣ではないかという。

「お互いに助け合い、生涯のパートナーとして愛し合い、暮らしていくと二人で決めています。馴れ初めについては、説明すると長くなるので失礼します。山内は、長く外食生活をしていたみたいで家で食べるのに慣れていないようですが、最近は少しずつ、家での食事もするようになりました。ですから、私が今後、お仕事をすることはないと思います」(同)

 浮き名の流しおさめ、ということのようである。

「週刊新潮」2019年1月17日号 掲載