対人コミュニケーション障害の改善へ 浜松医科大が薬開発に意欲

ざっくり言うと

  • 対人コミュニケーション障害に関して、ある研究結果が発表された
  • オキシトシンを鼻からスプレーする治療薬で改善が見られたという
  • 研究代表の浜松医科大教授は、早期に治療薬を開発したいと話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング