照射問題の実態を10カ国語で発信へ 国際社会に日本の正当性訴え

ざっくり言うと

  • 防衛省は、レーダー照射問題の実態を10カ国程度の言語で発信する見込みだ
  • 政府関係者は20日、韓国側が論点をすり替え虚偽の発信を続けていると指摘
  • 政府は国際社会に日本の哨戒活動の正当性を訴える必要があると判断したそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング