太田光 (c)Getty Images

写真拡大

 爆笑問題・太田光が、20日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。ZOZO前澤友作社長の行動を称賛した。

 13日放送の同番組で、拡張型心筋症で闘病中の“おうちゃん”こと上原旺典くん(3歳)の密着ドキュメントがオンエア。その際、海外での心臓移植には3億5億円かかるとも紹介された。

 このことを知った前澤氏は同日、いち早くTwitterで「3歳のおうちゃんを救いたい。この活動を知ってもらえるようこのツイートをリツイートしてください」とフォロワーにお願いし、「僕の個人的な寄付に加え、みなさんのリツイート1件につき10円を付け加え寄付します」と表明していた。現在までにそのツイートは51,000リツイートのにのぼっている。

 太田は以前、前澤氏の100万円お年玉企画に対して「下品」と批判していたが、前澤氏の今回の迅速な行動に「僕はサエコと付き合っているときから素晴らしいと思っていた」と手の平返し。

 さらにアメリカでの心臓移植の厳しい現実を訴えながら、「前澤さんのみたいな発信力がある人、ああいう篤志家が全国に知らしめてくれた」と評価していた。