「村八分」扱いを受け転居を余儀なくされた男性 損害賠償求め訴訟へ

ざっくり言うと

  • 大分県の集落で「村八分」扱いを受け、転居を余儀なくされたと主張する男性
  • 自治区の人らに約3000万円の損害賠償を求める訴訟を起こすと21日、分かった
  • 男性の代理人弁護士は「自治区側の意図は明白。重大な人権侵害だ」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング