射撃場に行けば一般人や観光客でも体験できるほど身近に銃がある

写真拡大

 バンコクでタイ人警官が外国人を射殺。2018年12月12日早朝にそんな事件が発生した。
 タイ国内でも各メディアが報道したが、日本人の感覚からすると驚くほどあっけなくそのニュースは沈静化している。事件から1か月が過ぎた現在、そんな事件があったということを在住外国人たちでさえも忘れかけているほどだ。
 この事件は昨年12月12日未明、外国人観光客が多く集まる歓楽街付近、スクムビット通りソイ11のパブでこの警察官と35歳のフランス人観光客がもめ事を起こしたことが発端となる。ふたりが殴り合いをしたのだが、ある報道では女性の取り合いが原因だという。
 そして、このケンカはフランス人が勝ってしまった。一度自宅へと逃げ帰ったその警官は銃を持ち出し、別の場所に移動していたフランス人をみつけ射殺した。この警官は在タイ日本大使館が近いルンピニー署の警察官で、同日中に勤務先の警察署に出頭し、逮捕されている。
◆もともと不祥事が多いタイの警察官
 外国の一般人に殴り合いで負けてしまう警察官はともかくとして、タイ人だけでなく在住外国人もこの事件にあまり衝撃を受けなかった。タイは警察官による事件が多いからである。日本でも警察の不祥事というのは年間に憶えていなられないほど発生するものだが、タイの場合は殺人に関与しているケースも多々あり、不祥事のレベルが違う。
 例えば、2018年だけで見ても5月には中国人女性の誘拐で逮捕された6人の犯人のうちひとりが警察官だった。9月には運転中の車内で妻と口論になった警官が、妻の7歳の連れ子の前で妻を射殺し、自身も拳銃自殺を図っている。
 タイは誘拐事件はあまり起こらないのだが、起こるとすれば被害者は子どもではなく大人が多い。身代金を本人から強請るためなど、事情が日本とはやや違う。そんな誘拐犯が警察官だということもざらにあるのだ。着用する警察の制服で近づきやすいことや、署内の端末を使えば資産状況など様々な情報収集もできることで、つい犯行に及ぶのかもしれない。
◆「タイは銃社会」である
 そして、フランス人の殺害でも使われたように、タイでは銃による事件が多い。タイはアメリカほどではないにしても銃社会だ。本来はタイ滞在時に知っておくべき最重要事項である。しかし、この事実はガイドブックにはあまり記述がなく、在住者は知っていても、観光客には知るよしもない注意点である。
 タイは合法的に拳銃を購入できる。ただ、関係当局による購入許可証がないと買うことはできない。これには様々な書類提出や審査があり、すべてのタイ人が購入できるわけではない。
 また、一般人が得られるのはあくまでも購入のための許可で、購入後は自宅に置いておくしかできない。移動の際――例えば警察や軍施設で射撃訓練を受ける場合に保有する銃器を持ち運ぶこともあるが、その際は弾丸を装填していないなどの定められた持ち運び方でないと逮捕される。
 拳銃などを携帯する場合は携帯許可証が必要だが、警察官ほか、金行の経営者や警備員、ボディーガードなどの特殊な職業に就くものにしか発行されない。そのため、基本的には銃器は一般社会の中に出てこないはずである。
 しかし、本物の銃器が比較的身近にあると、それを模倣したものを造る者も現れるし、盗まれたり、紛失した銃が闇で売買されることもある。そういった銃が犯罪に使用されるのだ。
 タイでは警察官や軍人でもプライベートでは連射可能なマシンガンを購入したり、発砲音を抑制するサプレッサーの所持は認められない。しかし、登記上は合法的な銃でも改造を施したものもある。筆者も連射可能になったハンドガンやサプレッサーを持つ会社員のガンマニアに会ったことがあるほどだ。