神尾マイを演じる山下美月

写真拡大

乃木坂46の山下美月が、4月放送スタートのドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系、毎週木曜25:00〜)で、主人公の“悪のビデオガール・神尾マイ”を演じることがわかった。山下は今作が連続ドラマ初主演となる。

原作は「週刊少年ジャンプ」の黄金期を支えた作家、桂正和の代表作「電影少女」。2018年1月期に時代設定を現代に移し替え、原作の続編、2018年リブート版「電影少女」として連続ドラマ化。元乃木坂46の西野七瀬が、“ビデオガール・天野アイ”を熱演した。

シリーズ2作目となる本作はマイと、彼女によって道を踏み外していく少年の物語。前作の恋愛ストーリーを根底から覆すダークファンタジー的な内容で、ビデオを再生した主人の望みを叶えるべく、その命令に忠実に従う“ビデオガール・マイ”。その悪女的な魅力で人々を魅了し翻弄していく、彼女の真の目的とは!?

“ビデオガール・アイ”を演じた西野からバトンを受け、“ビデオガール・マイ”を演じる山下は、乃木坂46の3期生で、2018年から雑誌「CanCam」の専属モデルに抜擢。現在はドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東、毎週土曜21:00〜)にも出演中だ。山下は「西野さんの時とは違うビデオガールをお届けできたらいいなと思います。マイちゃんは、アイちゃんと敵対しているビデオガールなのですが、原作ではなかった部分がオリジナルで描かれているので、原作ファンの方にも新たに楽しんで頂ける作品になればいいなと思っています」と意気込み。

また、西野は「本作が、こういった形で始まると聞いて驚きました。美月が演じる新しいビデオガールを楽しみにしてます! 応援してます!」とエール。桂も「テレビドラマ『電影少女』チームには、今回も驚かされました! その角度から攻めてくるか! って。2018年版で僕は、完全に信頼しているスタッフなので、面白いものができると、確信してます!!! マイは、純粋なビデオガールです。原作ではストーリー上“あい”に敵対するヒールとして描かれてました。でも悪人ではありません。純粋なビデオガールというのは、まだ誰も演じたことのない難しいキャラクターですが、山下美月さんがどんな風に演じるのか、とても楽しみです!」と期待を寄せている。