和歌山小5刺殺 高裁で一審と異なる精神鑑定結果

ざっくり言うと

  • 和歌山県で2015年に、小5男児を刺殺したとして殺人罪などに問われた被告
  • 大阪高裁での再精神鑑定で、軽度の自閉スペクトラム症と診断された
  • 一審が認定した病名と異なるため、量刑の判断などに影響する可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング