あおり運転殺人の結審後に遺族会見「できるだけ重い罰を」

ざっくり言うと

  • 「あおり運転」をし、大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた被告
  • 大阪地裁で17日に論告求刑公判が開かれ、検察側は懲役18年を求刑した
  • 閉廷後、遺族は「できるだけ重い罰を受けてほしい」などと心境を語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング