中居正広

写真拡大

理由は「視聴率低迷」の怪

 広告代理店やテレビ局の関係者は、驚きを通り越して唖然としたという。デイリー新潮の調べで1月16日、中居正広(46)のレギュラー番組のうち、複数で“打ち切り”が決まったことが分かった。

 ***

 中居正広の公式サイトには、現在、5本のレギュラー番組が紹介されている。

【1】中居正広の身になる図書館(テレビ朝日系列:月曜・午後8時〜午後8時54分)
【2】中居くん決めて!(TBS系列:月曜・午後11時56分〜午前0時55分)
【3】ザ!世界仰天ニュース(日本テレビ系列:火曜・午後9時〜午後9時54分)
【4】ナカイの窓(日本テレビ系列:水曜・午後11時59分〜午前0時54分)
【5】中居正広の金曜日のスマイルたちへ(TBS系列:午後8時57分〜午後10時)

 しかも打ち切りになる番組は1本ではない。なんと2本だという。広告業界の関係者が明かす。

中居正広

「打ち切りを決めたのは、テレビ朝日の『中居正広の身になる図書館』と日テレの『ナカイの窓』です。1本だけでも大きな衝撃が走るはずで、それが2本となると、業界は上を下への大騒ぎになります。『図書館』は2011年から放送され、深夜番組からゴールデンへの昇格を果たしました。『窓』も12年からオンエアされてきた人気番組です。まるで申し合わせたかのように両方が同じ時期に終わるわけですから、様々な憶測を呼ぶのは間違いありません」

 理由は「視聴率の低迷」だという。ところが広告代理店の関係者は「両番組の視聴率は打ち切りが必要なほど悪くはないんです」と首を傾げる。

「もちろん、視聴率は1桁台です。ただ、似たような数字でも存続している番組は珍しくありません。中居さんは今でも、司会者としての人気と実力を持っています。だからこそ、少しくらい視聴率が悪くても、テコ入れを行うことで放送を続けてきたわけです。そして今でも、中居さんのレギュラー番組をオンエアする価値は、まだまだ存在するはずなんです。両番組のスタッフも『まさか終了するとは……』と驚いていると聞きました」

一体、何が……

 ご存知の通り、16年にSMAPが解散しても、中居正広はジャニーズ事務所に残留した。契約の更新も重ねてきた。

 ジャニーズ事務所が持つ“権力”について、贅言は必要ない。「嵐やKing & Princeを擁する事務所」と説明すれば充分だ。

 ジャニーズを敵に回す民放キー局は存在しない。旬で人気を誇るジャニーズのタレントに出演してもらうため、常に事務所の顔色を伺いながら、番組編成を決めてきた。

「キー局がジャニーズ事務所と出演交渉をした結果、バーター出演が決まるなんて日常茶飯事です。人気のタレントに出演してもらうため、少し人気の劣るタレントを別の番組にぶっ込むわけです。ですから、依然として人気のある中居さんのレギュラー番組が2本も同時に終わるというのは、我々の常識をはるかに超えています。一体、何があったのか」(同・広告代理店関係者)

 中居正広の契約更新は6月に予定されているという。芸能メディアは当然として、民放キー局や広告代理店も事態の推移を注視することは間違いない。

 果たして、中居正広の胸中や如何――?

週刊新潮WEB取材班

2019年1月16日 掲載