宮沢りえ

写真拡大

「平成」が“歴史”になるにはまだ早い。にもかかわらず、すでに覆されようとしている“定説”もある。1994年(平成6年)9月24日未明に起きた宮沢りえ(45)の自殺未遂騒動をめぐり詳らかになった“新説”とは……。

 まだ夜も明けきらぬ午前5時。部屋に踏み込んだホテルの従業員がそこで目にしたのは、鮮血で真っ赤に染まった床と、腕にタオルを巻いて横たわる宮沢りえの姿であった。

 取材に携わった芸能記者が当時を振り返る。

「あのとき、りえさんは国際映画祭に出席するため京都市内のホテルに母親と宿泊していたんです。しかし、彼女は深夜に一人でホテルを抜け出し、別のホテルにチェックイン。そして、部屋にあったガラス製のコップの破片で手首を切り、自殺を図ったのです」

宮沢りえ

 お騒がせ女優の自殺未遂騒動に世間は沸騰。りえ側はすぐさま単なる転倒による怪我だと自殺未遂を否定したのだが、

「実は、この日、同じホテルの8階に、りえさんと親しかった中村勘三郎さんが宿泊していた。二人は騒動の前夜、祇園で会っていたこともあり、妻子のあった勘三郎と痴情のもつれの末、彼女が自殺未遂に至ったと見られていました」(同)

 しかし、『勘三郎伝説』の著者でエッセイストの関容子氏によれば、

「しばらく経った頃、たまたま勘三郎さんとこの話をしたことがあったんです。彼は“もし自分の目の前で彼女が自殺未遂をしたのであれば、僕は必ず救急車を呼ぶ。自己保身に走ったり、逃げるようなことは絶対にしない”と、自分があの事件に関わっていたかのような当時の報道を強く否定しておられました」

恋する乙女

 道ならぬ恋が理由でないとすれば、真相はどこにあるのか。

「ステージママの意のままに“宮沢りえ”を演じることに嫌気が差したんですよ」

 とため息交じりに話すのはさる事情通である。

「あの親子は何をするにも一心同体で“一卵性母子”といわれたほどでした。母親は、りえさんに箔を付けようと、事あるごとにパーティーを開き、各界の大物を招いて“見合い”をさせた。彼女も母親のお眼鏡に適う人物でなければ交際することはありませんでした」

 しかし、そんなステージママも娘に“自我”が芽生え始めていたことまでは、気づけなかった。

「あの当時、りえさんは市川猿翁の門弟だった若き歌舞伎役者に恋をしていたんです。でも役者といっても、満足に役も貰えないような名もなき若手。大物との交際を望んでいた母親に知られれば反対されるのは目に見えていました」(同)

 もっとも、そこは母親譲りの“激情型”である。恋情を抑えられるはずもなく、

「りえさんは母親の目を盗んでは彼に電話をしたりして、愛を育もうとしていた。飲み会なんかで、彼の姿を目で追う彼女の表情は、恋する乙女そのものでしたね。でも、あの騒動の直前、りえさんは彼の知人から、彼に恋人がいることを知らされてしまったのです」(同)

 母親の意に沿わぬ片思い。しかしこのとき見せた一時の気の迷いすら、彼女は大女優への糧としてみせたのである。

「週刊新潮」2019年1月3・10日号 掲載