1月15日:今日は「小正月」

新年がスタートして早くも半月が経過しました。といっても、まだお正月疲れが抜けきっていない…という方、多いのでは?

1月は寒さも厳しくなり体調も崩しやすい時期なので、なるべく早く疲れをとって、自分を癒してあげたいですよね!

体も気持ちもだるい…そんな「お正月疲れ」を和らげるヒント3つ

まずは体を温めよう

寒いとストレスがたまりやすくなるな〜と感じます。そのため、できる限り体を温めることを意識してみましょう。

インナーを工夫するのはもちろん、カイロを貼る、マフラーや手袋を常備することは忘れずに。

お家に帰ったらシャワーではなく、湯船に使るのがおすすめです。湯船に浸かるだけで、体もほぐれてかなりリラックスできますよ〜。

スキンケア・ボディケアに力を入れる

スキンケアやボディケアに力を入れることもおすすめです。

しっかりと保湿をして、軽くマッサージをすると…むくみが取れてスッキリしますよ。

いい香りがするクリームを使うことで、心地よく、さらにリラックスできると思います♪

ひとりになる時間を作る

お正月はたくさんの人と会って、なんとなく人疲れをしてしまうことが多いですよね…。気持ちの疲れを感じたら、ひとりで過ごす時間を作ってみましょう!

1時間でもいいので、部屋にこもったり、お気に入りのカフェにいったりしてぼーっとしてみる。本を読んだり、ノートに自分の感情を吐き出すこともおすすめですよ。

私もひとりの時間を積極的に作ることで、気持ちが落ち着き「明日からも頑張ろう」という気持ちになっています。

お正月疲れが抜けない…と感じる方は、ぜひ試してみてくださいね。

「小正月」とは?

7日までの松の内を「大正月」といい、15日を「小正月」という。松の内を忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、「女正月」という地方もある。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG