男性に暴行を加えてけがをさせたとして、神奈川県警藤沢署は14日、傷害の疑いで、同県藤沢市辻堂神台の自称建設作業員、荒木勇輝容疑者(20)を現行犯逮捕した。

 容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午後3時10分ごろ、同市鵠沼東の藤沢市民会館の敷地内で、市内に住む高校時代の友人の男性鉄筋工(20)を投げ倒すなどして頭にけがを負わせたとしている。

 同署によると、同会館ではこの日、成人式が行われ、荒木容疑者は会場周辺でたむろしており、「じゃれあっていてエスカレートした」などと供述しているという。