漫画村運営者は高級タワーマンションに(※画像はイメージです)

写真拡大

 漫画村の運営者は、高級タワーマンションに住んでいた。衝撃的な事実が分かったのは、漫画家のたまきちひろさんとともに漫画村運営者の責任追及を続けている、中島博之弁護士による調査の結果でした。中島弁護士が、漫画村の運営者を突き止めるためにたどった道のりについて、解説します。

 * * *
 この世から漫画が失われるようなことにならないため、漫画家のたまきちひろさんとともに漫画村という海賊版サイトの責任を追及していますが、そのためには運営者を突き止めねばなりません。どこに住む誰が運営しているのか分からないと、法的に責任をとらせることができないからです。インターネット上でしか活動が確認できない人でも、インターネットに接続するためにはリアルでプロバイダーと契約するなどしてネットに接続しています。その接続に関する情報を探すことが、運営者を突き止める手段になります。

 漫画村はインターネット上にありますが、そのサイトにアップロードされているデータは、世界のどこかにあるサーバに保存されています。漫画村が利用している大元のサーバは、NHK『クローズアップ現代』(2018年4月18日放送)で報じられたように、ウクライナにあると思われます。そして、そのデータを閲覧者が利用しやすくするために、アメリカにあるクラウドフレア社のサービスを利用していることも分かりました。それらの発信者情報、つまり契約している利用者の情報が分かれば、漫画村の運営者が誰なのか、具体的になる可能性が高くなります。

 クラウドフレア社を利用することで、契約者は身元が分からないようにすることや外部からのクレームから守られやすくなります。このようなサービスは防弾ホスティングなどと呼ばれ、漫画村は、悪事を隠すために利用していると思われます。もし、クラウドフレア社が漫画村運営のために契約している利用者の情報やアクセスログを公開してくれれば、運営者がどこに住む誰なのかというリアルの情報へ近づけます。

 外国の法人を相手に日本で提訴して、日本の法律で判断するためには、いくつかの条件があります。もっとも分かりやすく裁判が可能になるのは、日本法人をつくっている場合です。ところが、クラウドフレア社は日本に法人を持っていませんでした。

 法人が日本にない場合でも、日本で継続的なビジネスの活動実績があれば提訴が可能になります。当時のクラウドフレア社は日本向けのビジネスをオープンにしていなかったため実態をつかみづらかったのですが、日本の商社と提携して営業活動をしている実績を確認できました。東京にデータセンターもありましたので、米国法人が相手でも、日本での裁判が可能になりました。そして2018年1月、クラウドフレア社の米国登記を取り寄せ、4月16日に日本で提訴しました。

 その後、日本の法律であるプロバイダ責任制限法にのっとって、5月にクラウドフレア社へログの保全を求めること、東京地裁に訴訟を提起していることを通知する書面をEMS(国際スピード郵便)で送り、同時に任意で事前に開示が可能な情報があればお知らせくださいと伝えました。そうしたら、訴訟が本格的に始まるよりも前の8月に、予想していたよりも多く、求めているものの95%くらいを明かした情報が開示されました。

 そのログを丁寧に確認していくなかで、様々なことがわかりました。漫画村の運営者たちは、身元が分からないように慎重に利用していたことがうかがえるのですが、人間がやることに絶対はありません。管理者用メールアドレスのうちの一つから、個人的な情報をたどることができました。その結果、新宿区の高級タワーマンションの一室が、漫画村運営の拠点のひとつとなっていた可能性が浮上しました。著作権を侵害したサイトの収益で、ずいぶんと羽振りのよい暮らしをしているのが垣間見えました。また、漫画村だけでなく他のサイトの運営にも関わって金銭を得ていることも分かりました。

 クラウドフレア社からの情報は、まだ一部が伏せられているため、それをめぐっての裁判が続いています。プロバイダ責任制限法で開示される内容は、情報発信者の氏名または名称、その住所、メールアドレス、IPアドレス、権利侵害に関係するサーバログイン時のログイン情報になります。一部はすでに開示されているのですが、判決直前に争う内容の答弁書が出されたため、判決が先延ばしになりました。いまの予定では、3月に次回の裁判期日となっております。

 海賊版サイトに対して、外国サーバやサービスを利用しているから泣き寝入りするしかないと思い込んでいる人もいますが、決してそんなことはありません。日本での活動実績がある会社であれば、日本で裁判を起こすことができます。アメリカの会社が相手なら、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)にのっとったやり方で、権利侵害対策を行うことが出来ます。

 クラウドフレア社との裁判は今も続いています。次回、3月が裁判期日となっています。その後、判決となれば、漫画村が違法である(著作権侵害があった)と司法で初めての判断が下されることになるでしょう。

 漫画村に対し、初めて裁判所で判断が下されるときは、もうそこまで来ているのかもしれません。

●なかじまひろゆき/弁護士(第二東京弁護士会所属)。2010年神戸大学大学院法学研究科法科大学院修了、衆議院議員秘書を経て2011年弁護士登録。国会議員政策担当秘書の資格所持。サイバー犯罪に関しては警察に捜査協力も行う。ITと知的財産分野を中心に活動する他、電力会社や医療法人の顧問、有名ファッションブランドのプロデューサーを務めるなど多岐にわたって活躍する。海賊版問題を解決できる『銀河英雄伝説』ラインハルト・フォン・ローエングラムのような存在の到来を密かに待っている。